2008年09月23日

【08天皇杯】2回戦/阪南大−Honda FC 監督・選手コメント

第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦・阪南大−Honda FCの監督・選手コメントです。
−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 スペースアタックのチームに対して、やるなと言っていたことをやってしまった。果敢に行って、ウラを取られてという試合にしてはいけないと言っていたのだが…。最初の失点はミスからで、相手がつついた瞬間に身体を入れないといけなかった。そこで学習してちょっと良くなったのだが、チャンスで決め切れなかった。一人減ってからは、次の試合で吉川も出られないこと(出場停止)は分かっていたし、ああするしかなかった。久しぶりに勝負に完全に負けた。

−Voice 阪南大学・西田 剛(FW・主将)
 こんなサッカーで恥ずかしい。いつものように前線で起点になってやろうと思っていたが、GKからのボールしかなくてボールがいい形で入らず、人数も減ってダメだった。守備ばっかになってしまい、やられすぎてしまった。そこを打開しないといけない。Hondaは組織、コンビネーション、楔のタイミングがすべて連動していて、見習いたい。僕らがやろうとしていることをやられてしまった。相手との連動性の差が取りきれるところで、相手に転がったりという形になって、向こうに流れが傾いた原因だと思う。ピッチコンディションも要因のひとつだったとは思うけど、そこも含めてもっと連動性の部分を高めていきたい。

−Voice 阪南大学・東 浩史(MF)
 Hondaは自分たちよりもミスが少なく、一人一人が連動していたので、そういう意味で完敗だった。自分たちの入り方が悪く、相手に勢いをつけられて失点したが、そのあとはペースも出てきていたのに決め切れなかったのがまだまだです。アタッキングサードまではチームで持っていけたけど、ペナルティエリアからは個人の力が必要になる。そこでの精度をもっと上げたい。10人になって点差もあったし、勝つのは難しいが次にどうつなげるかが大事になる。数的不利は仕方ないが、頑張ってプレスをかけて一人一人がハードワークできたことは、リーグ戦につなげられたと思う。

−Voice 阪南大学・竹重安希彦(GK)
 守備を広げられすぎてしまった。Hondaの前の4人が流動的で追い越してくるのを、DF同士がカバーし切れなかった。守備でいっぱいいっぱいになってしまい、掛け合う声が少なくなっていた。立ち上がり、ふわっとゲームに入ってしまったというか、受身になったのかプレーが小さかったかなと思う。大学のリーグだと切り替えの部分でいけなくてもある程度遅らせられたが、Hondaはスピードがあって、遅らせることができずにずるずるといってしまった。一人少ない分、フリーに出てくる選手に対してなかなか守備にいけなかった。次のリーグには出られない選手もいるが、サブの選手がしっかりやってくれると思うので心配はしていない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。