2008年11月02日

【08Iリーグ】優勝決定戦1回戦/関大U−同大II スタッフ・選手コメント

Iリーグ2008【関西】優勝決定戦 1回戦・関西大ULTRAS−同志社大IIのスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西大学ULTRAS・吉村勇一郎コーチ
 失点では若さ、甘さが出てしまったが、そこから取り返せたのは力があるということだし、信じていい部分だと思う。その部分を前面に出していければ大丈夫だし、どんなことがあっても我慢していつでも準備できてるようにしよう、我慢して守って攻撃のチャンスをつかもうということは普段から話していた。相手はDFラインが高いから、FWが二人セットで動くことで崩せると思っていたし、中盤でボールを拾えていたので後半はいいリズムになった。4回生が出られていないので、若さをどうコントロールできるかというのが課題だが、結果は後からついてくるのでしっかりやっていきたい。

菅原勇輝&金久真也−Voice 関西大学ULTRAS・金久真也(MF)
 ボールサイドによってコンパクトに守備をして、奪ったら広く展開しようとした。プレッシャーも早くなかったので、いけるというのはあった。1点取ったらムードも良くなる。相手のCBにボールを入れてFWが走ってくれたことで向こうのCBの運動量が落ちてきたので、FWがああいう形で取れたんだと思う。
僕は1年前の11月のIリーグの優勝決定戦でケガをして、1年ぶりに試合に復帰できた。4回生をここで終わらせられないし、みんなに迷惑をかけないようにしようと思っていた。1年ぶりにやれて楽しかったけど、みんなに助けられた分、次は自分がみんなを助けられるようにしたい。全員サッカーで、快く応援してくれる仲間の気持ちはとても心強い。やってきたことを再確認して、トップチームに刺激を与えられるような結果を出したい。
(写真左は菅原勇輝)
posted by yasuyo KANIE at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Iリーグ2008【関西】優勝決定戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108942580
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。