2008年11月17日

【08リーグ】第20節/びわこ−同 大 監督・選手コメント

2008年度 第86回関西学生サッカーリーグ 第20節・びわこ成蹊スポーツ大−同志社大の監督・選手コメントです。
−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・松田 保監督
 今日はお互いが勝ち点3を取りに来ていたので我慢比べになった。ハーフタイムにはもうちょっと正確に落ち着いてやろうということを話した。前半は雑っぽいサッカーになっていたので、もう少し落ち着いてつなごうと言った。シーソーな展開だったけど、後半はそれがやれたので結果になったのではないか。交代選手もいい活躍をしてくれた。シュートを打って来いと送り出したが、しっかり期待に応えて決めてくれた。天皇杯を除けば、全国大会というのは初出場になる。自分たちのサッカーのスタイルが通用するかどうかを楽しみたい。日本一を狙う気持ちはもちろんあるが、いきなりは難しいだろうし、経験を積むことが大事。関西でも日本一になるようなチームがあり、その中でもまれてきているので、質とレベルの高い勝負を全国でもやりたい。

舩津徹也&瀬古朋広−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・舩津徹也(MF・ゲームキャプテン)
 同志社はもっとつないでくると思っていたが、ウラを狙ってきており、試合中にうまく修正し切れなかった。自分らでピッチの中で修正するようにしていかなくてはいけない。2点めのアシストは自分でドリブルでもいけたが、澤西が見えた。あいつの方がシュートはうまいし、点も取れる。とっさに判断してパスを出したのがうまくいきました。
 いままできわどいところで全国大会のチャンスを逃していたので、やっとチャンスをつかめた。全国という舞台を後輩に見せたかったので、4回生として最低限のことはできたと思う。これから対戦する相手は、全国大会の経験もあるチームなので、そこに対してどう戦うか、インカレまでに修正点を見つけられるチャンスだと思う。
(写真は左・舩津徹也、右・瀬古朋広)

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・瀬古朋広(MF)
 前半にみんなが走ってくれて、相手もばてていたのでおいしいところをもらえました。相手の6(出崎升浩)が高い位置にいるから、守備的にやってこいといわれたが、インカレも決めたかったので狙っていました。得点に絡めるところにいたいと自分では考えています。交代で出場することがおおいけど、スタメンでないからというのは関係なく、チームの一人として出られるだけでも幸せなことだと思う。みんな出たいのにそこで出してもらっている。出れたら少しでも活躍できるよう、100%の力で頑張ろうと思ってます。この先も今までどおりチームのサッカーをしていくだけです。

−Voice 同志社大学・望月慎之監督
 先週よりもまとまりよくできていたのだが、失点して切れたというかそういう感じになってしまった。あと一歩反応できていればという、ちょっと集中が切れたプレーで取られたことが、全体に波及してしまった。ここ2試合はずるずると下がって、相手にスペースを与えていたので、中盤をコンパクトにしてDFラインのコントロールを確認してきたのが、機能していた。だが、13(平野甲斐)に縦に抜けられて以降、それに対応できずに下がってしまい、不注意なプレーでやられてしまった。あと2節、何をモチベーションにするか難しいが、気持ちを持ってる選手を使いたい。初めてスタメンで出た選手もいるが、そういう部分も含めて活性化させて、来年すべきことも意思統一しながらやっていきたい。


posted by yasuyo KANIE at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。