2008年11月24日

【08Iリーグ】優勝決定戦決勝/関学I−立命II スタッフ・選手コメント

Iリーグ2008【関西】優勝決定戦 決勝・関西学院大I−立命館大IIのスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大I・早崎義晃コーチ
 全体の流れとして前半の出来に不満はなかったし、次に失点しなければチャンスはあると思っていた。2点めをああいう形で取られたのは厳しかった。勝っても負けても少しの差だとは思っていたので、いい試合でした。
この1年で勝ちに対する貪欲な部分が選手たちに出てきて、そのために何をするかを考えて行動できるようになったことが一番の成長です。今日も選手は100%でやってくれたし、緊張して入ったのを僕がもっとほぐしてやれる部分があったのではと思います。3、4回生は僕が指導者として1年めというのも分かっているし、去年まで一緒にやっていたのをきちんとわりきってコーチとして見てついてきてくれた。聞く姿勢、学ぶ姿勢をもってやってくれたのでやりがいもあるシーズンでした。

−Voice 立命館大学II・松岡耕自コーチ
 このチームは回せるチームだが、前に進めない。その中で足の速い子もいないし、協力してみんなでプレーが出来ている。後半はもう少し幅を使ってプレーしよう、相手は3バックなので、そこに人数をいれて拾って、中に入れてしっかりやろうと話した。2点めも取れたので、ばたばたせずにうちのリズムでやれた。関学の3バックは大きいので、最後はそこでやられてしまった。そのセカンドを拾う接点のところを全国大会までに修正したい。トップチームに影響を与えられるようにというのと、来年の糧という部分を部分を含めてやれるように頑張ってきた。去年は決定戦で大産大に負けてしまったが、今年は優勝できたし、サッカーの質がいい状態で価値のある勝利を収められたと思う。

−Voice 立命館大学II・入江崇夫(MF・主将)
 リードはしていたが、後半も0−0の気持ちで勝っているとは思わずに行こうと気持ちを集中させた。いい時間に追加点も取れたし、いい試合運びが出来たと思う。こちらの選手は大きくないので、はっきりさせて声を掛け合おうというのを徹底できたことが良かった。今年の自分らのサッカーを、全国大会でも同じように続けていこうと思います。
posted by yasuyo KANIE at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Iリーグ2008【関西】優勝決定戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110109526
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。