2008年12月22日

【08インカレ】1回戦/国士大−関西大 スタッフ・選手コメント

第57回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦・国士舘大−関西大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 国士舘大学・細田三二監督
今日はチーム全体が連動していなくて、ボールを奪ったあとの動きが遅く、うまくいかなかった。それだけに、関西大のようにパスの使い方がうまいチームが相手では、前半にうちが先制したとはいえ、後半の戦いは難しくなると思った。守備に関しては、しっかりプレスをかけて、相手をチェイスすることをしたかったが、サボってしまう選手もいたし、プレス自体も遅かった。PK戦という形で勝負がついたが、試合内容やボールの支配率を考えたら、1対9の割合でうちが負けていたと思う。相手の2トップの高さや強さを意識しすぎたのか、うちの選手は中に絞りすぎてしまったのでサイドを攻められたし、ディフェンスラインを下げてしまう時間帯もあった。ただ、右サイドバックを足が速くてコンタクトプレーに強い斉藤(雄大)ではなく鈴木(達也)にしたのは、ディフェンスラインのコントロールやDFの他の3人との連係を考えてのことだった。
天皇杯の鹿島アントラーズ戦との戦いぶりから変わってしまったが、やはり伊東(俊)と半田(武嗣)が負傷で欠場していることが大きいし、柏(好文)と高橋(大)が選抜の合宿で少し怪我をしたことも影響していると思う。次の試合では、前から行くプレスを90分間かけ続けて、ボールを奪ったら速く動いて攻めるサッカーをしたい。

−Voice 関西大学・島岡健太コーチ
 この1年で一番内容が良かったし、相手の方が嫌がっていた。(大屋)翼に対してのマークが厳しく、いつもなら(パスが)通っていたというところだったが、他の選手がそこに依存せずに要求を出して、自分らがやってやるという気持ちは出ていた。延長に入ってからも、グラウンドの中で何かしようというのがすごく見えた。チャンスはあったが決められず、前半のあの一発を決められることが国士舘との差といえば差なんだと思う。勝てれば良かったが、トーナメントなので上にいけるのはひとつだけ。結果はしょうがないが、いいゲームでした。関東の上位との差は選手が一番分かっている。それは出足の一歩の差や、寄せといったいろんな部分。まだまだやっても詰まらないかも知れないが、自分たちのスタイルを固持しながら近づいていけるようにして、関大のサッカーを全国で見てもらいたい。大学の4年間でこんな経験をできるのは、幸せなことだと思う。だがこの一瞬だけでなく、これから先のために、今日があって先の毎日があることを感じで、毎日を取り組んでいって欲しい。この悔しい記憶を薄れさせず、奮い立たせられるようになって欲しい。

大屋翼&東剛史−Voice 関西大学・大屋 翼(MF・主将)
 今年一番の試合だったと思う。じれることなく、辛抱強くやれて、相手の方が嫌がっていた。だけど、試合の入りのところで、もっと早く慣れれば前半からいい展開にできた。失点は僕からだったけど、あのプレイは後悔していない。今年のスタイルだからこそのことだったし、それよりも追いついたことを評価したい。後半の最後、(平野)フミが上がっていいかと聞いてきたので、時間もないし上げた。チームとしてどうしたら勝てるのかを、一人一人が考えてくれたことが得点という結果になったと思う。
キャプテンをやらせてもらったのはいい勉強になった。ついてきてくれた4回生、後輩たちには感謝している。応援もピッチも両方勝ちたかったが、関東にも関大のチーム一丸というサッカーを見てもらえた。サッカーでもそれ以外でも一人一人が自分を持ってやってくれたので、僕はその方向づけをしただけ。いい仲間に恵まれた。今日も内容は勝っていたし、それを崩すことなく積み上げていくことが来年も大事になると思う。後輩たちに残す言葉としては、さっき直接みんなに言ったんですけど、プレーのことで悩んだり行き詰ったら、試合に出ているからJリーグを見に神戸に来いっていうこと。身近なヤツが頑張っていたら励みになるかなと思う。お互いがプレッシャーを掛け合える位置だからというのも、僕が神戸を選んだ理由のひとつ。後輩たちに負けないように、プロで頑張ります。
(写真右は主務・東剛史)。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  赤沼圭子(国士舘大学)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。