2008年12月22日

【08インカレ】1回戦/札幌大−九産大 監督・選手コメント

第57回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦・札幌大−九州産業大の監督・選手コメントです。
−Voice 札幌大学・束原文郎監督
粘って、粘って、1点取って勝つという試合展開を狙っていたのだが、うちの先制点が入るのが少し早すぎたかもしれないという感じはした。最後は少し地力の差がじりじりと出てしまったのかなと思う。チーム力というよりも個の力に負けてしまった部分があった。それから、セットプレーのチャンスはあったのに、そこでいい形を作ることができなかった。降雪の影響もあって予定していたコンサドーレ札幌との2回の練習試合が一度もできず、14日は東京学芸大、17日には早稲田大と練習試合をしたものの、ゲーム感覚を取り戻しきれなかったところもあったと思う。ただ、うちのサッカーのコンセプトどおりに選手はプレーしてくれたし、全日本大学選抜に入ったり、Jリーガーになったりする選手がいるチームを相手に、選手たちはよく頑張ってくれたと思う。試合が終わったあとはみんなに「お疲れさま」と言った。
GKは本来のスタメンの三上(浩平)の調子が上がらなかったこともあって、Iリーグで準優勝したチームでプレーしていた二瓶(考太郎)を起用したが、それが(相手の得点機に好セーブを見せるなど)当たった部分もあったと思う。

二瓶考太郎−Voice 札幌大学・二瓶考太郎(GK)
前回のインカレでは1試合出たが、今シーズンはIリーグの試合に出たけど、これまで1軍の公式戦には出ていなかった。特に緊張することもなく、いつも通りやれたと思う。ただ、相手に点を取られる前からけっこう崩されていたけど、そこで自分のコーチングの声が足りなかったこと、2失点とも自分のミス絡みだったことが悔しい。自分のポジション取りのミスだった。普段、一緒に出ていないDFの選手との連係面は、すぐに何かを変えられるものではないので、いつも通りやることを心がけた。今年1年間はシュートストップの精度を上げることや状況判断の向上に取り組んできたので、好セーブが多かったというふうに褒めていただいても、自分としては想定内のプレーと思っている。

−Voice 九州産業大学・籾井徹司監督
 ゲームの入り方が良くなく、どこかになんとなく勝てるだろうという緩みのある入り方になってしまい、案の定先にとられて決定機を外すという展開になってしまった。ハーフタイムには、もう一度落ち着いていい攻撃をしようということを話した。向こうの足が止まってきたのもあったが、後半の中盤からは人とボールが動き出して、リズムがでてきた。そこで綺麗にやろうとしすぎてしまった。DFのバランスについては、もう一度ビデオをみて確認していく必要があると思う。国士舘への対策はこれから考える。チャレンジャーな気持ちで、どこまで通用するか楽しみたい。自分らのリズムでやれればいい勝負ができると思う。

松本和弥−Voice 九州産業大学・松本和弥(MF)
 流れが悪かったので、何とかしてやろうと思っていた。監督には、ボールを持ったらどんどん仕掛けていけ、攻撃は自由にしていいといわれて、ピッチに入った。自分が決めてやろうとは思っていた。1点めは狙い通りにうまく取れたし、点を取ったことでのって攻められたので、もう一点いけるかなと思っていた。自分たちのやってきたことをできれば、国士舘にも負けないと思うので、2回戦ではそれをしっかりやりたいと思います。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  赤沼圭子(札幌大学)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。