2008年12月22日

【08インカレ】1回戦/流経大−仙台大 監督コメント

第57回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦・流通経済大−仙台大の監督コメントです。
−Voice 流通経済大学・中野雄二監督
 今日の試合は勝ち上がる事が第一、もしPKになったとしても、焦るなと選手達に伝えていた。三門の先制点が大きかった。あれで堅さとか勝ち進む為にかかってくる色々なものがとれて、なんとかなった。1回戦としてはいい戦い方だったのではないかと思う。序盤に相手のFW2人に走られてカウンターを幾度か仕掛けられたが、オフェンスがシュートで終われなかった時に失ったボールをどう取り返して相手のカウンターを防いでいくか、そういうことを狙ってやってきている。今日は先制点をとって上手くいったが、いつも上手くいくとは限らない。0−0のままもつれ込む事だって充分あった。
流経は研究されているが、その中でどう点をとっていくかがうちのテーマ。6点目は池田が縦に入っていったところにダイレクトにボールを入れた事で生まれた点で、そういうシュートレンジにに入っていく選手を見てどう生かすかを考えてプレーすることが点につながっている。ポゼッションの意味を考えろといつも学生には言っている。目標は優勝だが、ただ勝つのではなく見ていて魅力のある、選手個々の個性が出て更にグループの連帯感を出せる試合がしたい。今日のスコアはそれが表現出来たことを示せたかなと思う。だからといって、これでこの先も勝てるかどうかはまだ分からないので、また次に向けて色々考えてやっていく。
うちは自由奔放にやっているが、その中でまわりに支えられてやっている、お互いに尊重してプレーをやっているという事がいい方向に向いている。今日は金久保の出来が一番良かった。12月始めのセレクションで痛んで1週間程プレーが出来なかったが、今日は一番動きがきれていた。チームの中心は運動面でも精神面でも三門で、彼抜きでこのチームはない。交代で三門を下げたのは今季初めてで、三門と千明の2人共下げたのも今季初めてだが、今後のコンディションも考えて交代した。三門と交代でいれた楠瀬はサイドではってドリブルで仕掛けていくのが持ち味。分かっていてもなかなか止められない。千明と交代の1年の山村はこれから大きく育てていきたい選手。下のポジションならどこでも出来るので、どこが一番出来るのか探っているところ。それで今日はボランチに入れた。育成と強化は別ではない。個の育成とチームの強化、これを機能させていく事が大事で流経はそれが上手くいっているチームだと思う。やはり大学は教育機関であるし、そういう教育をしていくつもりだ。人を育てることが上手くいって、サッカーも上手くいっていると思う。
今大会が最後になる4年生だが、13人プロに行く事が決まっているが、みんな状態がいい。メンバーを決めるのも大変だが、誰を出すかはチームの組み合わせの問題なので、対戦相手が決まる第2試合を見て次のメンバーを決める。うちは6年連続出場だけど一度もファイナルに行っていない。このチームでサッカーをするのは最大であと3つ、ぜひ国立に行って今日のようなゲームを披露してもらいたいと思っている。

−Voice 仙台大学・中屋敷眞監督
 経験やハードなプレッシャーの下でどれだけやれるか、集中を切らさずにできるかが一番違った部分だった。判断ミスがフィニッシュに繋がるが、東北のリーグではその後修正ができるのだが、いつもならば何とかなったのだが、今日は何もできなかった。初っ端からDFが引きすぎて、中盤が空きすぎていかれている。ああいうシュートを前半に決められてしまったのは、流れの中で神様がそんなに甘くないよと見せてくれたもののように思う。後半は高目からプレスをかけて人を多くして攻めができかけていた。そこで1点を取っていれば、流れも保てたが、取れずに失点してしまった。なんだか20年前に戻ってしまったような感じだ。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  相原陽子(流通経済大学)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。