2008年12月22日

【08インカレ】1回戦/中央大−浜松大 監督コメント

第57回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦・中央大−浜松大の監督コメントです。
−Voice 中央大学・佐藤 健監督
 試合に勝てて嬉しい気持ちはあるが、明後日、すぐに試合があるので、次の試合のことを切り替えて考えたい。今年のチームは、早めに前にボールをはたいて、そこで落としたボールを拾ってつないで攻めるというサッカーを2、3年やってきて、それがきちっとできるようになった。だが、まだ悪い時間帯がある。いい時は選手がゴール前に湧いてくる状態になるが、ボールをスペースではなく足下でつなごうとしてプレスにかかるところがあった。浜松大はきちっとした技術のあるチームなので、実際に試合でもうちが危ない場面があったが、そこで抑えられたことがよかった。ハーフタイムには選手に『サッカーでは2点差というのは非常に怖い。ペースが落ちてくると相手にやられるので、いけるところまでいく』という話をした。守備では、フォア・ザ・チームという精神的な面がチーム全体に浸透して、前からのプレスなどが機能してきている。次の試合でも今日と同じように主導権を握れるように頑張りたい。

−Voice 浜松大学・長澤和明監督
 早い段階で点を取られてしまったのが痛かった。DFラインの加藤を中心に声を切らさず集中していたが、ゲームでの集中力は中大のほうが高かった。高校時代に全国を経験しているという差もある。グランドは良かったが風が強かった。その中で何を選択してチームの勝利に結び付けていくか、どうやって相手のゴールを脅かしていくかを考えていかなければいけない中で、中大は前半の風下で短いパスではなくDFラインの背後を突いたり、相手にボールを持たせないことができていた。後半は風上を利用してミドルシュートも打ってきたが、それを前半にウチがやっていたかというとやっていない。相手のほうが勝つための戦術に長けていたと感じる。それをトレーニングで教えていくのは難しいので、これが経験として積み重なっていって、次の時にはどういう状況になるかが大事。全国1勝は遠い。ただシーズンが終わっている時期に、全国で試合ができて貴重な経験だった。実体験をして、もっと一生懸命やらなければいけないと思ってくれれば、僕らが教えるよりも効果がある。年間を通して積み重ねてきたものの、一つの成果だと思う。選手たちにはいい思いをさせてもらった。今度やる時は、東海のリーグを制覇して出てくるという次の目標ができた。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  赤沼圭子(中央大学)
  五味亜矢子(浜松大学)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。