2008年12月24日

【08インカレ】2回戦/流経大−福岡大 監督・選手コメント

第57回全日本大学サッカー選手権大会 2回戦・流通経済大−福岡大の監督・選手コメントです。
−Voice 流通経済大学・中野雄二監督
 とにかく勝ててよかった。内容よりもとにかく勝ちたかった。向こうもおそらくそうだったので、お互い勝ちにこだわった厳しい試合になった。福岡大とは練習試合も含めて何度も対戦していて、勝ったり負けたりの「遺恨」も多い。今日の試合でも、局面や球際で厳しくやりあう場面があって、やや雰囲気が荒れたところもあったが、緊迫したゲームができた。
 つぶしあい、こぼれ球の競り合いはほぼイーブンで、後半立ち上がりのセットプレイで先制点をとれたのが勝因。逆にやられる可能性も充分にあった。うちは1回戦を8−0で勝った気の弛みが出るかと心配したが、一番集中しにくい時間帯に泥臭いプレイで点を取れたのは非常によかった。
 福岡大は、高さ、速さ、強さと特徴がはっきりした選手がいて、今大会を通して一番質の高いチームかもしれない。特に永井のドリブルの速さはすばらしい。うちの守備陣は、彼にスペースを与えないこと、後ろを取られないこと、ロングスローを含めてハイボールを競り合った後のセカンドボールを拾うことを徹底した。うちの本来の戦い方からすればかなり守備陣が我慢してラインを抑えたが、後半永井にドリブルされても点を取られなかった結果を見れば成功だったといえるだろう。永井をマークしたCB山村は、1年生ながらすばらしい対応能力を見せてくれた。
 準決勝で筑波大とやれるのは嬉しい。今シーズン、筑波大にだけは勝っていないので、ぜひリベンジしたい。

比嘉祐介&三門雄大−Voice 流通経済大学・三門雄大(MF・主将)
 やる前から1点差の厳しいゲームになることはわかっていたので、前半は0−0でOK、PK勝ちでもいいからとにかく先制点はやらないことを意識した。普通の試合なら勝負に出てドリブルやパスを仕掛けるところでセイフティにいくことを心がけた。
 守備陣もかなりラインを引いていて、流経大本来のコンパクトさがなく、自分と千明が走る距離がいつもよりかなり長かったと思う。CBの染谷、山村は高さのある相手とがんばって競ってくれていたが、プレッシャーが厳しいのかヘディングのクリアがいつもより飛ばず、こぼれ球を拾うのに苦労した。とにかく後半立ち上がりにいい形で点を取れたのがよかった。
 福岡大とはいろいろ因縁があると言われているが、実は自分自身は練習試合を含めて福岡大とやるのは初めてなので、事前のイメージはまったくなかった。実際にやってみて、ちょっとやそっとの軽い仕掛けや動き出しでは崩れない、守備のしっかりしたいいチームだと感じた。攻撃に関してはカウンターの迫力、特に永井のスピードはすごいと思ったが、それに対応して無失点で抑えたうちの染谷と山村も結構すごいじゃないかと(笑)
 勝ったから言えることかもしれないが、普段はしないような我慢をしながらも楽しかった。緊張感のあるいい試合ができてよかったと思う。
 準決勝の筑波大はリーグ戦で負け越した唯一のチームなので、対戦できてうれしい。大会前から木島と「お互い当たる所まで負けないようにがんばろう」と言っていた。トーナメントなので、リーグでの5−6とか4−4とかいう試合とは違う戦い方になると思う。しっかりいい準備をしたい。
(写真左は比嘉祐介)

宮崎智彦−Voice 流通経済大学・宮崎智彦選手(DF)
 福岡大のFWは高さとスピードがあるので、スペースを与えないためにラインを引き気味にした。トーナメントなので、負けないためにまず絶対に先に失点しないことを意識したのは、戦い方としても自分のポジションからも当然だと思う。
 自分としては、最低限の仕事はできたかな、という感じ。SBとしての自分の理想は守備6:攻撃4くらいだが、今日は8:2か9:1くらいで守備ばかりしていた気がする。攻め上がるのを我慢してストレスがたまったけど(笑) 無失点に抑えて勝ててよかった。
 次にあたる筑波大とはリーグですごい点の取り合いになっちゃったけど(笑) お互い前に前に行きたがる癖がもろに出た結果。筑波も流経も本来は前へ出て攻めるサッカーなので、ああいう試合は楽しい。トーナメントでは難しいかもしれないけど。

平木良樹−Voice 流通経済大学・平木良樹選手(MF)
 ものすごく疲れた。主に身体の疲れ。サイドハーフとしてボールに触れない時間が長くしんどかったが、それを苦にせずに上下運動を繰り返したためだと思う。
 福大とはいろいろ因縁もあるので、意識したせいかみんなが硬くなっていた気がする。特に前半はペースを握られて後手に回る場面が多かった。SBの宮崎と保崎が意識して上がらなかったせいもあるが、流経らしいサッカーができなかった。後半開始前に三門たちともっとリラックスして楽しくやろうと声をかけ合って、すぐに決勝ゴールが入ったのは偶然だろうけど(笑)
 今日の自分のプレイには納得できていない。100点満点で50点くらい。判断や技術など、怪我をする以前に比べてカンが戻っていない。ただ、元々自分がどういう選手なのかは周りが把握しているので、どうにか試合の流れにのせてもらっている感じ。復帰直後に比べれば少しずつでもよくなってきてはいるので、次の試合に向けてコンディションを整えていきたい。
 リーグでの筑波戦は2試合とも怪我で出ていない。前期の5−6の試合は松葉杖をついてスタンドで応援していた(笑) 筑波もうちも攻撃的なチームで、正面から勝負すれば点の取り合いになる。
 今年は4年生が主体のチームなので、4年生の1人として、出遅れた分も含めて決勝までひっぱっていきたい。

船山貴之−Voice 流通経済大学・船山貴之選手(FW)
 決勝点はまったく池田(圭)のおかげ。ごっちゃんゴールです(笑) ただ、誰が最後に触ったかより、あの時間にあの形で点を取れたのが大きかった。相手は守備のいいチームなのでチャンスは少ない、ミス1つを狙っていけ、そこだけは逃すなと言われて、その通りに1点決められた。1回戦でチームは8−0で勝ったのに1点も取ってないのはFWとしてどうかと自分でも思ったけど(笑)今日出してもらえてよかった。
 福岡大とは春に練習試合をやって3−8で負けた。トーナメントに強い手堅い戦いをしてくるし、雰囲気も関東のチームとは違うし、過去の因縁もあって、「イヤな相手だ」という印象がある。うちは「失点しなきゃ負けない、1−0でいい」と思って、本来とは違う戦い方をしたが、そういうのもトーナメントではありだろう。
 ただ、準決勝の筑波戦では、やりなれた相手でもあるので、硬くならずに本来の流経らしい攻撃的なサッカーをやりたい。

−Voice 福岡大学・乾 真寛監督
 前半はパーフェクトに近いくらい、流経の力を出させないようにやれた。両サイドと千明の展開力を抑えれば、流経のリズムは出てこない。永井がケアされるのは当然なので、サイドにおいて、伊古田という秘密兵器で霍乱しようとし、ある程度狙っていたことはやってくれた。90分のうちの一瞬で結果が出てしまう。それは年間を通して厳しい試合をしているかどうかの差だと思う。前半良かっただけにふわっと後半に入ってしまった。あの一瞬だけ悔やまれる。ああいう時間を乗り切れば、流経に焦りといらつきが出る。チャンピオンチームに先にとられて落ち着いてゲームをされては厳しい。手堅い結果を出すサッカーに切り替えられてしまった。だが、何もできなかったわけじゃない。1点とって流経が引いたので、中盤を支配できた。蹴って走るサッカーではなく、つないで決定機という形も作れていた。高い位置から行くことで流経の良さを出させず、中盤で奪い、寄せも頑張っていた。過去の対戦でもクロスゲームをやっているし、もう一歩を乗り越えられるかと思ったが、越えられそうで越えられない。
日本で流経を倒せるのはうちだけだと選手たちには言ってきたし、惜しいゲームでなく勝つつもりだった。それも0−0でPKとか守ってではなく、点を入れて勝つつもりだった。攻守ともに主導権を持ってやろうという姿勢を貫けたことを収穫として褒めてやりたい。来季に向けてひるまず前向きにやってくれた。本当に勝ちたかったし、悔しい。

−Voice 福岡大学・山口和樹(DF)
 自分らの攻撃的なサッカーはできた。守備もアプローチをかけて攻撃も相手陣地でやろうという狙い通りにやれて、やってきたことは間違っていなかったし、通用するということがわかった。勝てる相手だっただけに結果には悔いが残る。あの時間帯に取られたことがまずかった。流経に後ろでもたれるのは怖くない。自分らがもたせてやってるという気持ちで、ボールが入ってきたところで中盤でプレスをかけて取りに行こうという狙いだった。ビッグチャンスは自分たちの方が多かったのだが、相手は決めるべきところを決めてきた。その決定力の差が最後に出てしまった。去年までは蹴って縦へというサッカーだったが、今年はそれを変えようとした。守備からという基本戦術があって、攻撃的にアグレッシブに奪いにいく。そこからの人とボールを動かすつなぎの部分で差がつく。来年はそれをいいサッカーにつなげていけると思う。下級生には、日頃から意識高く、関東をしっかり見て、常に目線を高くもっていれば、やる場所は九州であっても勝てると思う。この悔しさを忘れずに、意識高く毎日取り組んでいって欲しい。

 <コメント・写真取材協力(敬称略)>
  後藤朝子(流通経済大学)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。