2009年02月16日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西B−スタッフ

関西選抜Bのスタッフによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
廣田監督&野田コーチ−廣田景一監督(神戸国際大学)
 決勝に出たいです。なぜかというと、決勝戦にはスカウトがたくさん来るから。目的はこの子らをたくさんの人に見てもらうこと。そしてそれにふさわしいチームにしていくこと。選手たちには可能性を広げて欲しいから、チームが結果を出すためには個人だけが目立っても仕方ないということも理解しつつ、成長していって欲しい。
(写真左が廣田景一監督、右が野田浩之コーチ)

−野田浩之コーチ(桃山学院大学)
 一人でも多く全日本選抜や、Jに上がるステップアップの場として頑張ってくれるようなチームとしていきたい。最近、関西はなめられているとも感じているので、違うんだぞというところを全国の場で見せられたらいいと思う。とかくぬるいと言われがちな大学の環境の中で、一生懸命やっているところを見せたい。関西のトップの子たちが、ここで得たものを自分たちのチームにもって帰ってくれることを期待しています。

栗田剛寧トレーナー−栗田剛寧トレーナー(南谷クリニック)
 ケガなく、いいコンディショニングで選手をサポートできるようにしていきたいと思います。




惣八忠昭−惣八忠昭(主務/京都産業大学)
 優勝してチーム全員で喜べるようにマネジメントします!





藤原佑輔−藤原佑輔(副務/甲南大学)
 桜島のようにエネルギッシュに行きます!
(写真右は関西学連・足立貴宏)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。