2009年02月16日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西B−DF

関西選抜BのDFによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを吸収したい、学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを、選抜チームの中でアピールしたいですか?
Q3.選抜チームでの目標を教えてください(個人のことでもチームのことでもよい)。

前野貴徳−前野貴徳(立命館大学・2年)
A1.選手としてだけでなく、人間として成長したい。
A2.パスの精度。攻撃参加。
A3.スカウトへのアピール。



清水孝太−清水孝太(関西大学・3年)
A1.人間関係。
A2.ひたむきさ。
A3.優勝。



宮内豪−宮内 豪(桃山学院大学・2年)
A1.自分自身のレベルアップと、関西選抜Bとしての一体感を持ってプレーをする。
A2.コミュニケーションとヘディング。
A3.チームの勝利と個人としてプロへのチャレンジ(アピール)。


永戸康士−永戸康士(同志社大学・3年)
A1.他チームの選手を知りたい。コミュニケーション。レベルの高いところでどれだけできるか。
A2.コーチング。ヘディング。
A3.16人に選ばれて、デンソーに行き、結果を残す。


藤春廣輝−藤春廣輝(大阪体育大学・2年)
A1.技術、自分自身のレベルアップ。
A2.攻め上がりと運動力。
A3.デンソーカップ優勝。



津田真吾−津田真吾(関西学院大学・1年)
A1.選抜では戦術を学び、技術を吸収したい。人間関係(つながり)。
A2.オーバーラップ。運動量。クロス精度。
A3.デンソーカップ優勝。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。