2009年03月07日

【デンソーチャレンジ】関西選抜B 監督・キャプテン:第1日コメント

関西選抜Bの監督・キャプテンによる、デンソーチャレンジカップ第1日のコメントです。
−廣田景一監督(関西B/神戸国際大学)
 点を取られてないことはうちがいいからだが、点を取れておらず、崩せていない。相手のウラに入ったり、ワンタッチでタテに行って、タテに入りたいが、ミスが多い。藤春のスピード頼みになってしまい、そこで周りがとまってしまう。周りが自分から抜けて動いていかないといけない。選手たちのモチベーションはとても高く、何とかしようとしているし、大きなピンチを作らなかったことが自信になってきている。もう一つリスクを冒して、点を取るゲームをしたい。

キャプテン清水孝太と関西B−清水孝太(関西Bキャプテン/関西大学)
 初戦は硬さがあって、思うように自分らのサッカーが出来なかった。2試合めはビッグネームとのゲームだし、モチベーションも高くて、相手よりも自分らのサッカーをしていた。守備はまずまずだが、攻撃はあと一歩が足りない。アズ(東浩史)がボールを持って前を向いた瞬間の攻撃のボリュームが足りない。全員で守備をしている分、コンパクトに下がっているので、取ったときにそこでどれだけ抜けていけるか、奪った後の走る長さを意識してやらないといけない。2引き分けだが雰囲気的には前向きだしみんなポジティブです。結果を出すことが一番だが、自分らのサッカーを変えずに戦って、関西Aと決勝でやりたい。
(写真は左から前川亮、小笠原侑生、加藤健太、清水孝太、長瀬圭佑)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。