2009年03月08日

【デンソーチャレンジ】関西選抜B 監督・選手:第2日コメント

関西選抜Bの監督・選手による、デンソーチャレンジカップ第2日のコメントです。
−廣田景一監督(関西B/神戸国際大学)
 内容が良かっただけに先に得点できなかったことが響いてしまった。相手は長所である永井のスピードとセットプレーから得点したことには敬意を払いたいし、結果という現実は受け入れないといけない。奪ってからの展開と攻守の切り替えは良かったので、結果がとにかく残念です。点を入れさせないことはグループリーグでも上位だったが、相手のウラや隙間を見れていないし、それを優先順位にできていない。入っていって崩すことを選抜の期間の中で習慣づけられなかった。選抜は意識が高い子が集まって、みんなそこで上手くなれるし、プレイヤーとして成長していく中では幸せなことだと思う。練習回数を増やすことを含めて、選抜の環境をよくしたいし、この経験をチームに落とし込んでいけるような強化を考えていく必要があると感じている。

加藤健太と関西B−加藤健太(関西B/大阪学院大学)
 決められるチャンスがあったんで、チームとしてそこをモノに出来なかったのが結果になってしまった。攻撃の形は作れていたが、最後の精度を欠いた。相手の11番(永井謙佑)は早いので、人数かけて守ろうとしていたが、そこを一人で突破されてしまったのが課題の部分です。次の試合は結果を出したい。とにかく何でもいいからチームとして1点でも多く取りたい。チャンスは作れていているので、精度を高めてやっていきます。
(写真は左から守屋鷹人、加藤健太、枝本雄一郎、小笠原侑生)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。