2009年03月08日

【デンソーチャレンジ】関西選抜A 監督・選手:第2日コメント

関西選抜Aの監督・選手による、デンソーチャレンジカップ第2日のコメントです。
−島岡健太監督(関西A/関西大学)
 こっちに来れなかった5人も含めて、みんなが個性のある選手。描くサッカーを出すためには懸命に人間関係を大事にしながらやらないと表現できない。チームにすることを考えながらやるという状況で、試合に出るでないを考えながらいい準備を全員がしている。その中でもうちょっとやれる分があるかな。今日はここで勝たなという結果のみにとらわれず、ふわつかずに自分たちでしっかりやれていた。仲がいいだけでなく、いいものはいい、あかんものはあかんと話し合いながら、自分らの持っているものを発揮していいゲームが出来た。最後の試合は90分あるので、いろんなことがたくさん出せるゲームにしたい。

宇佐美宏和−宇佐美宏和(関西A/関西大学)
 前半は向こうが蹴ってきていたのを跳ね返すだけになっていた。セカンドを拾ったときに、一人一人が落ち着いてパスをつなげられれば良かった。ボランチのところでもうちょっとサイドを変えられたら違ったが、そこでのサポートを増やしていこうと話し合った。PKになった突破は、狙ってはいた展開だけど、あそこまでうまくいくとは自分でもびっくりです。相手のカバーが来たので、最終的にPKになったけど、シュートまでいきたかった。PKはいつも右に蹴っているのをなんかいやな気がして逆に蹴ったらうまく行った。このチームは最初から優勝を目標に掲げていたし、絶対に取りに行きたい。練習試合でも点を取った後に失点することが多かったので、明日は45分ハーフの試合の中で、集中を切らさずにやりたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。