2009年03月10日

【デンソーチャレンジ】関西選抜B 監督・キャプテン:第3日コメント

関西選抜Bの監督・キャプテンによる、デンソーチャレンジカップ第3日のコメントです。
−廣田景一監督(関西B/神戸国際大学)
 内容は今までで一番悪かったが、勝ててしまった。DFがバラバラで、その原因は攻撃でのボールの動かし方、ビルドアップが良くなかった。相手はリトリートして守るサッカーで、関西Bの一番苦手とするタイプ。奪って速攻をかけても隙をつけず、ボールは横横に流れて、チャンスを作れずにネガティブになっていた。勝てたのは運と選手が諦めなかったから。サッカーとしては短い縦のボールで、前が早く動き出せていた。最後まで諦めずに戦ってくれた。
 選抜を通して、変えることが出来ること出来ないことの線はどこなのか、僕の中で答えは出ていない。自立した選手、チームとして機能する選手を集められたが、ハイプレッシャーの中、どれだけタテに入っていけるかができなかった。関西Aはシンプルにボールを動かしているし、前を向ける。だが関西Bは守備はまあまあでも仕掛ける、相手をはがすといったことが出来なかった。関東Aを機能させなかったことは素晴らしかったが、今日のようにリトリートする相手には難しかった。決勝を見ていたら、選手たちは自分たちに足りないことも分かるだろう。関西全体で考えるべきことが多くあったと思う。

4回生と1回生−清水孝太(関西Bキャプテン/関西大学)
 あれだけ廣田さん、野田さん、栗田さんが俺らのためを思ってやってくれているので、試合前に1勝して恩返ししようとみんなで話した。北海道は戦い方がよく、それにハマってしまった。何とか得点も欲しいと焦っていた分もあったが、内容よりもとにかく結果が欲しかった。いいボールがきたから、上手くゴールを決められたけど、その後すぐに失点してしまったのが、課題の部分だと思う。
 選抜チームではどれだけ単独チームのようになれるか、言葉がなくても皆が同じ絵を描けるかが大事になる。最終的には、最後は内容が悪くても勝ちにいくという絵を描けた。関大のようにずっと一緒にやってるわけじゃない即席のチームだけど、伝えられることは伝えたし、何とか理解してもらえたかなと思います。選抜という関大よりも一人一人のレベルが上の場所でやれたので、チームに戻ったら関大もその基準まで全員を持ってきて、かつチームとして一つになれるように両立していきたい。
(写真は前が津田真吾。後ろ左から清水孝太、東浩史、加藤健太)。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。