2009年03月12日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西A−MF

関西選抜AのMFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!

西岡謙太−西岡謙太(関西大学・3年)
A1.関西Aのメンバーで優勝できたこと!自分達のサッカーが通用するということ。できなかったところをこれから直していく!
A2.ボールがないところでのポジショニング。全てにおいての質。
A3.関西選抜のメンバーが先頭に立って、関西のリーグを盛り上げていきましょう!関大が優勝します!!

楠神順平−楠神順平(同志社大学・3年)
A1.チームになるということ。優勝したということ。
A2.ラストパスの精度
A3.良いチームになる!



荒堀謙次−荒堀謙次(同志社大学・2年)
A1.自分の課題や問題点がいっぱいでてきて、直さなければならないところや自分のモノにしなければならない部分が見えてきた。
A2.評価してもらう人がどんな人でも、自分が認めてもらうにはどんなプレー、どんな事をしたらいいのか考えさせられた。
A3.全力で!!

井手口正昭−井手口正昭(阪南大学・2年)
A1.選抜に選ばれたこともそうですけど、やっぱりデンソーチャレンジカップで優勝したことで自身がつきました。決勝戦はでれなかったんですけど。
A2.ボールを受ける前の準備と受けてからの判断。金園との関係…。
A3.この経験をチームでもいかしてリーグ2連覇したいです。

藤澤典隆−藤澤典隆(関西大学・2年)
A1.優勝したことが今後に良い経験となった。レベルを知れたこと。
A2.運動量と飛び出し。
A3.こだわっていきます。



阿部浩之−阿部浩之(関西学院大学・1年)
A1.どれだけ上手い選手でもチームがあっての個人なので、守備でハードワークをしたり、球際を激しくいくのが当たり前という習慣ができた。あとは判断の早さやパススピードなどの早さを意識すること。
A2.仕掛けるゾーンとゲームを作るために簡単にプレーするゾーンの使い分けがまだまだ悪い。
A3.優勝するためにチームを引っ張っていけるプレーをする!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。