2009年03月12日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西B−DF

関西選抜BのDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!

前野貴徳−前野貴徳(立命館大学・2年)
A1.レベルの高いサッカーを経験できたこと。
A2.もっとプレーの質を上げていかなければならない。
A3.関西選抜での経験をチームに戻って活かし、リーグ戦で優勝できるようがんばりたい。


清水孝太−清水孝太(関西大学・3年)
A1.大学のトップクラスの選手達と試合ができた事。
A2.状況判断。
A3.日本一!!



宮内豪−宮内 豪(桃山学院大学・2年)
A1.自分自身、この大会に出場した事が収穫だったし、関西選抜Bとしてチームが一つの目標に向かってトレーニングや試合を積んできた事。
A2.プレッシャーが速い中の技術だったり、イージーミスが多かった。
A3.まずは1つ1つの試合に対して勝つ事。そこから関西1位。全国制覇。

藤春廣輝−藤春廣輝(大阪体育大学・2年)
A1.裏への飛び出し。上手い選手の中でプレーできたこと。
A2.判断の早さ。クロス精度。パスを出した後に止まらず動き出す。
A3.優勝!!



津田真吾−津田真吾(関西学院大学・1年)
A1.チーム全員が同じ考えを持つこと。個を生かしたサッカーをすること。
A2.個の勝負強さ(1対1の対応、ヘディング)。
A3.関西制覇目指して頑張ります。アシストをたくさんしたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。