2009年03月12日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西B−FW

関西選抜BのFWによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.リーグ戦へ向けての抱負をお願いします!

前川亮−前川 亮(関西大学・3年)
A1.DFの背後へ飛び出す頻度を増やし、常にDFにとって嫌な部分へうごく意識づけができたこと。
A2.動きの質。
A3.日本一。


平野甲斐−平野甲斐(びわこ成蹊スポーツ大学・3年)
A1.得点を獲れなかったので、特にないですが、最後までボールに関わる動きなどは少しはできるようになりました。
A2.シュートと守備能力。
A3.精一杯やるのみです。まずはインカレと総理大臣杯に出る。


小笠原侑生−小笠原侑生(京都産業大学・2年)
A1.高いレベルを経験して、早い判断が必要だと感じた。手ごたえが全くなかったので、来年また来れるように努力を続けたい。
A2.ボールを収めたり、裏に脱け出したり、FWに必要な部分で多くの課題が見つかった。もっと自信をもってプレーするべきだった。
A3.自分のチームに戻って、この大会で経験してきたことを伝えていきたい。リーグではこの大会で出せなかった自分の個性を思う存分出していきたい。チームとして優勝を目指したい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。