2009年04月28日

【09リーグ】第3節/関学大−同 大 スタッフ・選手コメント

2009年度 第87回関西学生サッカーリーグ 第3節・関西学院大−同志社大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 これまで勝ててなかったので腰が引けていたし、同志社はイージーミスが少なく、意図的にボールを動かしてゲームを持っていく力があり、前半は相手のペースだった。GKと1対1になった場面で長井が止めてくれたのが大きかった。あそこで失点していたら、ガタガタになっていたかもしれない。その後に、山内が決めたことで落ち着いてやれるようになったと思う。前節は1−0からひっくり返されているので、その反省を生かして、前がかりに相手が来たところで、うちがカウンターを決めることを意識しようと言っていた。3点めを取るチャンスが何度もあったし、1点取られていたらどうなるか分からなかった。きちっとゲームを決める力はまだ足りない。この1勝を上手く自信にしてもらって、目の前の1戦1戦を大事に戦っていきたい。

井林章&長井健輔−Voice 関西学院大学・長井健輔(GK)
 これまで60試合近くサブに入ってきて、後輩たちが試合に出るようになるのを悔しい気持ちで見てきたので、今年にかけるものもあった。それなのにケガをして開幕に間に合わず、トレーナーの人にメニューを組んでもらったり、他にも周りの多くの人に協力がしてくれて、ピッチに立てたことにすごく感謝している。今日はそういう自分の中の気持ちをぶつけてプレーした。
リードしてからのリスクマネジメントと、攻めているときの準備が課題だったので、(志田野)雄一朗と飯田の3人でうるさくしゃべっていくことで、同じミスをしないよう気をつけた。スペースが空いて中から崩されると相手ペースになってしまう。そのスペースをつぶしていこうと徹底した。ゴール前ではしっかり身体をはって守れてよかった。ハードワークをしてきついことをやらないと勝てない。これをやり続けることが大事だと思う。次のステップとしてポゼッションというのがあるが、何が勝つために必要かというのを、上を意識して目指していかないといけない。
(写真左はデビュー戦で1アシストの井林章、右が頼れる守護神・長井健輔)

川原隆広&永戸康士−Voice 同志社大学・川原隆広(GK)
 リズム良くまわせていたので、点が入ればよかったが決定力がなかなか上がらない。先週もカウンターでやられていたので、ミーティングでも気をつけようという話はしていたが、前がかりになってケアができていなかった。リーグ前、調子も良くてどんどん前に行こうと初戦は5点も取れた。だけど裏を返せば前がかりすぎるということでもある。状態は悪くないが、一つのミスで変わってしまう。関学には去年一度も勝てず、どちらかというと蹴るタイプなので、そういう相手とも練習試合をしてきたが、思い込みというか確認の部分でチーム全体で怠っていたところがあったと思う。去年に比べて改善されつつはあるが、誰かのためにスペースを空けるために走るという動きが少ない。チームのためにという部分をもっと意識していかないといけない。GWの3連戦で勝っていけるよう、この混戦の中(勝ち点を)取れるときに取っていきたい。
(写真左が川原隆広、右が永戸康士。二人が中心になって同志社の守備をリードします)。


posted by yasuyo KANIE at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。