2009年05月04日

【09Iリーグ】Bブロック第3節/関大RED GROW−関学大II スタッフ・選手コメント

Independence League 2009【関西】Bブロック第3節・関大RED GROW−関西学院大IIのスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関大RED GROW・吉村勇一郎コーチ
 連戦というのを理由にはしていないだろうが、若いヤツが多いので、そういう雰囲気もある。ブラジルでは熱い中に連戦するのが当たり前なのに、厳しさが足りない。昨日の前半から流れは悪くて、大阪学院は緩いところがあったけど関学は違うぞと言ってはいたのだが、上手く対応できず前半の入りの悪さがそのままセットプレイで出てしまった。攻撃も前にボールが入ったとき、起点を作れそうなときの関わり、スピード感のタイミングが遅いのがマダマダの部分だった。いい選手は多いので、楽しみにしているところはあるが、このままではAチームには行けない。

井川貴光−Voice 関大RED GROW・井川貴光(GK)
 立ちあがりの入り方の悪さがチームの課題で、前の試合もそんな感じで失点して、それからエンジンがかかり始めた。それは失くさないといけない。チームに1回生が多く、1回がもっと4回に対してもコーチングできて組織的に戦えるようにならないと、攻撃にもボリュームが出ない。守備では昨日は4枚の人と人との距離が遠かった。今日はラインをあわせることに注意して、距離についても良かったが、最後の失点ではDFラインの足が止まって乱れてしまった。一瞬でやられてしまうのが高校と大学の違いだし、そこを気付いて馴染んでいければ関大らしいサッカーが出来ると思う。力不足だったが、自分らのサッカーが出来ずに負けて悔しい。明日からまたやるしかない。

−Voice 関西学院大学II・鶴 和彦コーチ
 今日はみんな気持ちが良くのっていた。久々に戦う関学生を見た。前半にもっと点を取れていれば楽に勝てたが、最後まで集中を切らさなかった。後半にバテないか心配したが、杞憂に終わった。気持ちのしっかりしたヤツがいるので、押されても大丈夫と思っていた。相手は押してくるのが分かっていたので、逆襲からの1点は狙いどおりだった。最後の失点はもったいなかったが、今日は予想以上に出来が良かった。伸びしろの大きい選手たちがいるので、期待度も高い。このチームで頑張ることで、Aチームに繋がるようにしていって欲しい。

熊木翼&高松功一&中村龍一郎−Voice 関西学院大学II・高松功一(MF)
 関学らしいサッカーができました。関大はまわすのが上手いから、プレスにいこうというのがハマってうちのペースでやれたかな。押される時間もあったが、DFラインが頑張って耐えてくれたし、そこで頑張れるのが関学のいいところだと思う。2−0で終われたら一番良かったけど、最後に守りきれなかったことは課題です。コーチにももっと楽に勝てるゲームだったと言われたし、追加点を取りきれなかった。走り回るのが自分の持ち味だし、走り負けないようにと思っていた。セットプレーはチームの武器だと考えているので、取れたら楽になる。これからも大事に狙っていきたい。チームも一つになりつつあるので、一戦一戦、力をつけて優勝を狙おうとみんなで話しています。次も勝てるよう、練習からしっかり頑張りたい。
(写真は左が中盤のキープレイヤー・熊木翼、中央がアシスト王を狙います・高松功一、右が貴重な追加点を決めました・中村龍一郎)


posted by yasuyo KANIE at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Independence League 2009【関西】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。