2009年05月12日

【09Iリーグ】Aブロック第4節/関学大I−大教大 スタッフ・選手コメント

Independence League 2009【関西】Aブロック第4節・関西学院大I−大阪教育大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学I・鶴 和彦コーチ
 今日はDFが頑張ってくれた。前半、風下のロングボールに対して、しっかり相手を抑えて、失点0で折り返してくれた。今までの失点の反省をきちんと生かせたのではないかと思う。なかなか追加点を取りきれないのは課題だが、こういう試合を積み重ねていくことで強くなっていってくれればいい。

関学Iメンバー−Voice 関西学院大学I・南 智幸(主将)
 Iリーグは強化試合という位置づけで、ポゼッションの練習をしているが、それを試合で出そうとしていたけど、勝てないのが続いていた。トップチームは内容が悪くても勝っていく強さがあるけど、Bチームは苦しいときに詰めの甘さが出てしまう。関学代表として戦って、負けてもいい試合はない。内容に重点を置いた上で、2つを高いレベルで達成できるようにするのが目標です。まだ精度が低いところがあるが、意図を持ってのミスは次に繋がるので、練習して技術をあげていけばいい。問題意識を持って取り組めたし、メンタル的な部分もやっとついてくるようになった。これで2勝2敗で5分になっただけ。余裕を持ってるわけにはいかないし、1試合1試合危機感を持って臨みたい。
(写真は下列しゃがんでいるのが左・仁科綾太、右・阪口貴弘。上列左から、内田敦雄、林佑樹、尾碕圭介、持田和明、松田大和、的場裕貴、南智幸)

−Voice 大阪教育大学・内藤翔平コーチ
 前半はDFラインとMFの間が空いていて、そこをつかれてしまった。攻めと守りは裏表なので、攻めを考えた守備をしなくてはいけない。FWが相手に対応された動きになってしまい、サイドハーフになかなかボールが入らなかった。Iリーグはまだ勝ちがないので、まずはDFラインの修正をしたい。そこで奪ってからどう攻めるかが大事になる。いろんなシチュエーションを作って練習していく必要がある。バイタルを使われていたので、後半はそこに一人置く形にフォーメーションを変えたが、練習していない形だったので、もっと詰めていかなくては。

粕谷匡宏&南部豪志&金井祐希−Voice 大阪教育大学・南部豪志(ゲームキャプテン)
 1回生も入ってきて、やりたいことが統一できずに思うようなサッカーをできなかったことが悔しい。DFラインをしっかりセットして、取りどころを明確にしたかったが、かけるところ、リトリートするところをそれぞれの判断で行ってしまい、相手にボールを回されてしまった。攻撃では前でFWがしっかりキープしていいサポートを出来る時間を増やせずにファーストプレーで相手につぶされてしまっていた。そこで落ち着けたら、もっと攻撃の幅も広がるのかなと思う。トレーニングでは少しずつやれるようになってきているので、コミュニケーションをとって連携を深めれば、もっといいチームになれるし、そこからトップに上がる選手がどんどん出てきたらいいと思います。
(写真はIリーグ4回生トリオ。左から粕谷匡宏、南部豪志、金井祐希)。


posted by yasuyo KANIE at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Independence League 2009【関西】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。