2009年06月05日

【09関西選手権】準決勝/大院大−同志社 監督・選手コメント

第38回 関西学生サッカー選手権大会 準決勝・大阪学院大−同志社大の監督・選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・藤原義三監督
 開幕戦はうちの自滅だったので、あの時とはだいぶ違う。今出来るのはカウンターしかない。まともにやったらやられてしまうので、まずはしっかり守ること。そこで攻め込まれても辛抱できるようになった。その分、2列目は運動量が増えてめちゃめちゃしんどいが、そこがうちの生命線になっている。とにかく無失点でいくことが最大の目標で、最悪はスコアレスでPKでもいい。運動量を増やして、どんなに少なくてもチャンスは必ずある。そこで仕事をやりきって終わること、シュートやセンタリングで終わるようにすることを徹底したい。カウンターが出来るのは、岡村と四ヶ浦がいるからなので、決勝に岡村が出られないのは痛いが、全員でどうにか戦っていくしかない。

加藤健太−Voice 大阪学院大学・加藤健太(MF・主将)
 勝って、歴史を刻むことが出来たので嬉しい。2−0になって、前半にもう一点取れるチャンスが何度かあった。そこでちゃんと決めないと、2−1にされて相手に流れがいってしまう。最後に追加点を決めるまでは、しんどかった。関大となので向こうに攻撃される時間は長くなるだろうが、耐えていたらチャンスは来る。岡村がいない分、全員でいつも以上に走って1−0で勝つのが理想。リーグ戦では1−1だったが、内容では圧倒的に関大だった。支配されるのは仕方ないが、失点しないことが一番重要になる。相手のボールを追ってばっかじゃしんどいし、球際で強くいってボールを奪っていきたい。決勝で勝つことで、また新しい歴史をチームに残したい。

吉井直人−Voice 大阪学院大学・吉井直人(DF)
 全員が集中を切らさないこと、辛抱して耐えることでチャンスは出てくると信じていた。そこで岡村、尾泉と最後に決められたのは、狙いどおりだった。必死になってやることが一番のベースで、それが開幕戦ではできていなかった。今は全員でやれているので、失点0という結果になっている。前でつながれても怖くないし、ウラのケアをマークはしっかりついていて、真ん中を崩されないようにやれていた。関大に対してもやることは変わらないし、岡村のためにも勝ちたい。中一日だが、良く食べてよく寝て、しっかり体調を整えて決勝に臨みたい。

岡村和哉岡村和哉岡村和哉





−Voice 大阪学院大学・岡村和哉(FW)
 累積で次が出られないので、途中それが頭にあって集中できなかった。でも、ここで負けたら一緒なので、最後までやりきって頑張ろうと切り替えたら3点めが取れた。全国大会があるし、今日決められたことは満足です。同志社のDFはでかいので上は無理だから、胸辺りにいいボールをもらうようにしていたら、ウラに上手く抜けれてゴール前で一つ落ち着けて上手く決められました、開幕に1−5で負けているので、4−0で勝って借りを変えそうと試合前に話していて、ほんまにそうなった。あのときはみんな気持ちが切れちゃって、すぐに諦めてしまい、相手の思うようにされたが、今は守備からというのをみんなが集中してやっている。ここまで失点0なので、1点取ったら勝てるし、ワンチャンスを狙っていけば大丈夫だと思う。俺は出られないけど、しっかり守って速い攻撃で崩していったらやれる。あとは四ヶ浦に任せます。あいつはやってくれます。
(写真は岡村和哉スペシャル百面相)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。