2009年06月07日

【09関西選手権】3位決定戦/同志社−立命大 監督コメント

第38回 関西学生サッカー選手権大会 3位決定戦・同志社大−立命館大の監督コメントです。
−Voice 同志社大学・望月慎之監督
 今日は守備ばかりで、選手にしたら一番面白くないゲームだったかもしれない。前半は0−0でもいいと言っていたが、取れたことは大きかった。立ち上がりから相手ペースで、ヒヤヒヤしていたところはあったが、最終ラインで抑えることが出来ていたし、立命も疲れがあって最後のところで精度がなかった。15分から20分位にかけて、立命も足が止まってきて、こちらもボールが収まるようになってきた。そこで上手く角島が脱け出して決めてくれた。奪ってから一つポイントを作りながら、相手を外してスピードにのってDFラインのウラをつくという狙いがあり、その狙いが多く出せればよかったが、疲れも出てしまった。奪った後の運び方で、前からとってショートカウンターという春先には出来ていたことが出せなかった。そのあたりは修正しないといけない。
コーチから数えて10年めで、僕もスタッフとしての総理大臣杯は初めて。自分が監督になった時、入ってきた今の4回生と一緒に全国へ行けることは嬉しい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。