2009年08月06日

【09総理大臣杯】準決勝/高知大−静岡産業大 監督・選手コメント

2009年度 第33回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 準決勝・高知大−静岡産業大の監督・選手コメントです。
−Voice 高知大学・野路照樹監督
 よく追いついたし、よく逆転できた。本当にうれしいの一言に尽きる。四国予選のときは、レギュラーのうち半分くらいが怪我をしていて、PKでようやく勝ち上がってきたという感じだったが、大会が(ユニバのため)いつもより1ヶ月遅くなったことで、怪我人も間に合った。もちろん、決勝までは楽に行けると思っていなかったが、9年連続19回目という経験が財産になっている部分もあると思う。たとえば'02年大会の準決勝では、延長戦をにらんで戦力を温存していたところロスタイムに駒大にやられてしまった。そうしたこともあり、今大会は早め早めに選手交代をするなど心がけたりもした。交代選手はある程度決まっているので想定の範囲内だったが、2回戦に続いて永瀬がよく決めてくれた。
 今年のチームは芝野や香川がフットサルもやっていることもあって、個人技もあるしパス判断のスピードも速い。一言でいえばパスサッカーだが、今日の前半はそのサッカーを生かしながらダイナミックな展開ができたと思う。正直、静産大相手にここまでつなげるとは思わなかったので驚いたし、自信になったと思う。福岡大は非常にいいチームだし、永井といういい選手もいる。厳しい試合になるとは思うが、伸び伸びと“決勝”を楽しんでほしい。緊張して何もできなかった、ということにだけはならないよう選手には伝えたい。

高木恭兵−Voice 高知大学・高木恭兵(MF)
 いつもチームでもいちばん走れなくて怒られているが、今日は何回も足をつりながらも最後まで走りきれてよかった。前半は自分がトップ下みたいな形で、相手のボランチの後ろのスペースを使って攻めようと思っていた。後半には相手もそのスペースをケアしてきたし、交代で投入された選手も僕と同じようなトップ下タイプなので、僕が外に流れる形になった。そういった形はオプションとしてこれまでも練習してきたが、最後まで全力を出せて本当によかった。

<コメント取材・写真協力(敬称略)>
 飯嶋玲子


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。