2009年09月16日

【09リーグ】第12節/立命大−大産大 監督・選手コメント

2009年度 第87回関西学生サッカーリーグ 第12節・立命館大−大阪産業大の監督・選手コメントです。
福本尚純−Voice 立命館大学・福本尚純(MF・主将)
 久々のリーグ戦で、最初は硬さもあった。前半途中からリズムも出てきたので積極的に行こうとしたし、後半は自分らのサッカーが出来たと思う。相手が来ていたのは判っていたが、プレッシャーは感じなかったので、ダイレクトでさばいてコートを広く使おうというのがテーマだった。ボールをさばく部分については自分の中で突き詰めていきたい部分で、もっと厳しいところを狙っていきたい。決めるところを決めないと、最後のように危ない場面を与えてしまう。ああいう甘さを見せたら、インカレを狙えない。これまで残り10分で失点することが多く、今日もその弱さが出てしまった。それはコミュニケーションで解決できる部分なので、僕ら上級生が厳しい中でもっと引っ張っていこうと思います。

−Voice 大阪産業大学・櫛引 実監督
 前期は立命相手に何も出来ず、自分らが悪くて0−3と完敗した。先制できればよかったが、前半を0−0でいければ相手のリズムが崩せる。だが、後半の立ち上がりに警戒していたセットプレーでやられてしまった。前期の反省から、ボランチを自由にさせないこと、FWにあたったボールは外に逃して対応しようとした。トランジションのところもしっかり抑えてくれていた。(橘)章斗がケガをし、夏は章斗抜きでやってきて、その分、みんなの自負も出てきた。川西という新戦力も出てきて、今日も突破力を見せてくれた。次まで2週間空くが練習試合も入っているので、いいコンディションで次の試合ができるようにしたい。惜しいで終わっては厳しい。目標である1部残留をを達成できるように頑張っていきます。


posted by yasuyo KANIE at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。