2009年09月22日

【09天皇杯】1回戦/ツエーゲン金沢−関学大 スタッフ・選手コメント

第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦・ツエーゲン金沢−関西学院大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎ヘッドコーチ
 金沢は学生よりも個々がしっかりしているし、経験があるので落ち着いていてゲーム運びが上手かった。選手の特長を生かしたサッカーをしていたし、危ないところは割り切ってやっていて、学生たちも嫌がっていたけど、クリアボールが深いところまでクリアされるので、そのクリアのクリアが大変だった。選手たちが頑張って天皇杯に出場できたから、こういう経験も出来た。悔しい負け方だったけれど、今年はこれまでも関西選手権で同志社に敗れた悔しさがあったから、天皇杯まで来られた。遠くまで応援も来てくれて、選手の背中を押してくれた。負けても暖かく迎えてくれたことはとてもありがたかった。天皇杯でいい経験をさせてもらって良かった。これを糧にもっと強く良くなっていけると思います。

−Voice 関西学院大学・長井健輔(GK)
 相手はフィジカルの強さと個々のFWのスピード、ロングスローにしても一人一人の能力の高さや特長があった。スカウティングはしていて、それを把握はしていたが、最後あんな風にクロスの前に入られて失点してしまった。パスを出す相手へのアプローチが遅れて、チャンスを作られていたし、学生よりもシュートの変化もスピードもあるから、コースに行くように言っていたが、ミドルレンジから打たれてしまっていた。自分たちもチャンスはあったけれど、ゴール前でもう一歩行く力強さが足りなかった。一般のお客さんもたくさん来るこういう舞台はなかなか経験できないし、これから先に繋がると思う。球際の強さや1対1の強さを学んだし、全国にインカレに行きたいと改めてそういう気持ちになりました。

−Voice 関西学院大学・井林 章(DF)
 社会人やプロは、コートをいっぱいいっぱいに使うので、スペースが広がってプレスがかけにくい。完全にこちらがペースをつかめている時間帯というのは少なかった。トーナメントだから失点が大きく響くので、ひとつのミスからピンチを招かないよう今まで以上の集中が必要で、DFもピリピリしていた。レベルの高い相手だと燃えるし、テクニックもフィジカルも強いブラジル人を相手に対して、僕は華奢に見える方だし、どうやったら勝てるかを考えて、ボールを取れたときは楽しかった。個人としては満足な部分もあるけれど、チームとして結果が取れなかったのは全国の厳しさを感じた。キープレイヤーをもっと周りが生かせるように、そういう選手がチームの中で増えてくれば競争率も上がって、上を狙えるチームになっていけると思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。