2009年10月01日

【09Iリーグ】Bブロック後期第4節/関学大II−びわこ大I スタッフ・選手コメント

Independence League 2009【関西】Bブロック後期第4節・関西学院大II−びわこ成蹊スポーツ大Iのスタッフ・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学II・成山一郎ヘッドコーチ
 関学IIは1・2回生のみのチームなんですが、前期に比べて伸びてきている。まとまりもあるし、2回生がプレイもそれ以外の部分も引っ張らないととやっていて、プレイの質もですが取り組む姿勢、切り替えという部分でどこのチームとも五分以上にやれている。若いチームだけどゲーム運びも上手い。苦しい時間に相手のウラへほおりこんで戻したり、チャンスにはスピードを上げてプレーをしたりというのを見極める力もある。だけどまだIリーグなので、一人一人の課題はある。その課題をしっかりこなしてAチームで活躍できる選手になって欲しい。

十河生−Voice 関西学院大学・十河 生(DF)
 前節までは途中交代で入ってて、今日は後期初めてスタメンだったので、0で抑えたかった。集中して球際を厳しく行こうとやっていった。これまでは点を取ってから中盤のプレッシャーが緩んで、DFラインも球際で弱くなってしまうことがあったけど、今日は90分とおして厳しくプレッシャーをかけ続けられた。ハーフタイムに成山さんからも、相手は後半に来るぞと言われていたので準備はしていた。奪ったら簡単に押し上げようという意識で全員が統一してやれた。2回生が主体的に取り組むことを意識して、後輩たちにやりにくさを感じさせないようにしっかり声を出してやるようにしていることが、いい結果になっているかなと思います。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・板金立樹監督
 ケガ人が出たり、主力がトップに上がったりで、25人のメンバーが16人となっている今のI1の厳しい状況が出てしまった。技術は相手の方が上なので、運動量で上回ろうと言っていた。前半、守備には行くけれどやっていることがバラバラで、関学にスペースを与えてしまった。後半はファーストディフェンスで球際に厳しく行って、セカンドを狙うことをはっきりさせた。チャンスの時間帯に取れれば判らなかったけど、前に人数をかけていたのを利用されて、逆に取られてしまった。トップが後期勝てていないので、僕らが100%以上で戦うことで勇気を与えたり、戦う姿勢を見せたいを思っていたので、最後まで戦ってくれたのは嬉しかった。


posted by yasuyo KANIE at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Independence League 2009【関西】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。