2009年11月06日

【09リーグ】第18節/立命大−びわこ 監督・選手コメント

2009年度 第87回関西学生サッカーリーグ 第18節・立命館大−びわこ成蹊スポーツ大の監督・選手コメントです。
−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・望月 聡監督
 立命は技術が高く回してくるが、前からFWが行って遅らせてくれて、ポジションをみんなが取れた。全員が守備の意識が高かった。ファウルが多いのは良くないことだが、「魂の入った5試合にしろ」と話していたのが、ファウルしてでも取りたいと意識に繋がって、そこからなんとか得点も取れた。前半は殆んど立命に支配されていたけど、守備意識高く追いかけてくれた。ワイドは振り回されていたが、良く走ってくれた。そうなると逆の立場ならイライラしてくるし、ちょっとあわててパスをしてしまう。そこをインターセプトすればリズムはできる。向こうからバランスを崩してくれたので、カウンターが効いた。いつもこんなに上手く勝てないが、今日は上手くはまった。負けたくないという気持ちと、4回生を中心に今年の集大成としてやりたいという気持ちが強かった。必死になってやるというのがようやく出てきた。これを持続させることが大事になる。

小池遼−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・小池 遼(MF・ゲームキャプテン)
 桃山戦もあの形で点を取っていたので、(平野)甲斐から来ると信じていた。立命に回されるのは想定内だったので、慌てずに引いて守ろうと声を掛け合った。最初はシュートを打たれて危ない場面もあったが、その後は集中していたので、支配はされたがピンチは少なかった。後半は立命がバテたというか、回すのが遅くなってきたので、セカンドも拾えて繋げるようになった。だけど得点してからはいい形が作れなかったので、そこは課題です。無失点で抑えることをトレーニング中からイメージ持ってやっていたし、失点せずにやれれば俺らの方が走れるという自信はあった。1−0でいいし、とにかく勝ちが欲しかったので、勝ててよかった。


posted by yasuyo KANIE at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。