2006年02月20日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西A−MF

関西選抜AのMFによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを選抜でアピールしたいですか?

松岡亮輔−松岡亮輔(阪南大学・3年)
A1.コミュニケーションの必要性。自己主張とチームプレイをいかに
組み合わすことが出来るか。
A2.常に集中したプレー。



木本敬介−木本敬介(関西大学・3年)
A1.大学サッカーでのトップクラスの選手たちと練習や試合をすることでいい部分をチームに持ち帰り、チームで活かしたい。
A2.点に絡むプレーをする。



宇野勇気−宇野勇気(びわこ成蹊スポーツ大学・3年)
A1.他の選手の良いところを学び、共にプレーする中で感じで、それを自分のプレーに活かせるようにしたい。また選抜で学んだことを自チームに還元できれば良いと思っている。
A2.ボールコントロールやロングフィード、そしてセットプレーの際の高さをアピールしたい。また、攻守においてのコーチングにも注目してほしい。

安藤淳−安藤 淳(関西大学・3年)
A1.短い時間と早いプレッシャーの中で、どれだけのプレーができるかを試したい。
A2.存在感のあるプレーをしたいです。



吉村修平−吉村修平(関西大学・2年)
A1.より高いレベルの中に身をおくことで、今の自分は何ができて何が足りないのかということをしっかり把握し、今後のサッカー人生に活かしていきたい。
A2.まず一番の特徴であるスピードをアピールしたい。そしてスピードを活かしたドリブル突破をどんどん出していきたい。縦への突破をより意識してやりたい。

西谷良介−西谷良介(大阪体育大学・2年)
A1.色々な大学が集まる中で、個人個人が何を考えてやっているのか、色々な人の話を聞いてしゃべり、意見を交換して色々な考え方を持てるようになりたいと思っている。
A2.違うチームから集まっている中で、萎縮せずにのびのびと自分のプレーを思いっきりやりたいと思っている。ミスをおそれず、どんな状況でもミスを少なく正確にプレーできるようにアピールしたい。

稲田瑞穂−稲田瑞穂(関西学院大学・2年)
A1.高いレベルのでのプレーの速さを学びたい。
A2.テクニック、創造力をアピールしたい。




伊藤和也−伊藤和也(阪南大学・1年)
A1.レベルの高いプレーや試合を経験していきたいです。まわりのうまい選手のプレーを盗みたいです。全国の選抜チームに勝ちたいです。
A2.ドリブルやパス、フリーキックです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。