2006年02月20日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西A−FW

関西選抜AのFWによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを選抜でアピールしたいですか?

櫻田真平−櫻田真平(関西大学・3年)
A1.普段の練習よりさらに高い質を学びたい(パス、プレッシャー&
トラップ等)。
A2.ボールをうしなわないところ。順応性。力強さ。



近藤岳登−近藤岳登(びわこ成蹊スポーツ大学・3年)
A1.世界スタンダード。
A2.日本人離れしたルックスと肉体美、そしてスピード、KING KAZUを師匠とあおぐシザースとドリブル、ロナウドを師匠とあおぐ動き出し、ライバルは大黒です!!と意気込むプルアウェー。トークもプレーも超一流を目指す。

森下智文−森下智文(同志社大学・3年)
A1.自分の大学のチームとは違うプレースタイルの選手がたくさんいるので、その中で自分に足りないものを学んでいきたい。
A2.FWなのでどんな形でも点を取りにいくこと。



阪本晃司−阪本晃司(関西大学・1年)
A1.レベルの高い練習、試合ができるので、自分自身のレベルアップと精度の高いプレーができるようになるよう、色々な人のプレーを見て実感したい。
A2.DFの裏のスペースへの飛び出し。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。