2006年02月20日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西B−DF

関西選抜BのDFによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
Q1.選抜でどのようなことを学びたいと思っていますか?
Q2.自分のどういうところを選抜でアピールしたいですか?

上田貴典−上田貴典(大阪学院大学・2年)
A1.選抜という場所において、現時点の自分の能力で通用することと、しなかったこと、または足りないと感じたことをしっかりと学んで、これからのプレーに生かしていく。
A2.ヘディングと競りあいの強さ、コーチングをしっかりしてDFラインを統率し、アピールしていく。

金子雄太−金子雄太(関西学院大学・2年)
A1.関西選抜という関西の大学から選び抜かれた選手達と共に、高いレベルの中でサッカーができることを幸せに思い、その環境の中で自分の良い部分はしっかりと出し、他の選手の良い部分は少しでも盗んで吸収し、自分の更なるレベルアップに努めることが出来ればと思います。即席のチームかもしれないけど、チームとして一致団結してデンソーでは優勝を狙っていきたいです。
A2.とにかくチームのため、一生懸命にボールに食らい付いて、DFとしての最大の役割である「ゴールを入れさせない」という事を念頭におき、相手との一対一には必ず負けないというところ。チームの中で少しでも勢いのある躍動する姿を見せることができれば良いと思います。

小野原明男−小野原明男(関西学院大学・2年)
A1.上のステージで自分の力がどれくらいかを学びたいです。
A2.左足のキックの精度、1対1の強さ、ヘディングの強さが自分の特徴なので、しっかりアピールしたいと思います。



深水章生−深水章生(立命館大学・2年)
A1.質の高いプレー。
A2.ディフェンスの対応、ヘディング。




久野修平−久野修平(阪南大学・1年)
A1.質の高いプレー。
A2.1回生が少ないので、フレッシュさをアピールしたいです。




*木村允彦(桃山学院大学・3年)は、ケガのため辞退。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。