2006年02月21日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西B−スタッフ

関西選抜Bのスタッフによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
朴成基監督−朴 成基監督(阪南大学)
去年とは、言ったら別のチーム。特に関西を背負ってとは意識せず、普通に頑張ります。去年もそんなに差があったわけじゃないし、実際に評価してもらって進路を決めた選手もいる。準備の段階できちっとしたものを作り上げていきたい。


望月慎之コーチ−望月慎之コーチ(同志社大学)
選抜を担当するのは久しぶりです。練習を見ていて、いろんな大学の個性豊かな選手たちがいるので、どう一つの形にしていくか、難しさもあるが、やりがいも感じます。



樫野トレーナー−樫野哲也トレーナー(蓑原ローリング療法治院)
選手がいいモチベーションで臨めるように、精神的にもサポートしたい。by カッシーノ。




岡本&谷崎−岡本真治(主務/大阪産業大学・左)
選手に迷惑かけんようにしっかりサポートして、本大会でいい成績を残せるようにします。
−谷崎達哉(副務/びわこ成蹊スポーツ大学・右)
選手がベストの力を出せるよう、裏でしっかり支えたい!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。