2009年12月17日

【09リーグ】1部リーグ表彰選手コメントPart2

2009年度 第87回関西学生サッカーリーグ 1部リーグの表彰選手コメントです。
金園英学−得点王 金園英学(関西大/FW・3年)
 FWやし、プレッシャーもあったが2年連続で得点王を取れたことは誇りです。去年、たまたま得点王が取れてマークも厳しくなるし、今年10点取れるとは思っていなかったので、力はついてきているのかな。でも、チームが機能しているときは得点できているが、そうでないときは取れてないので、単独でも取れるようにしていかないと上のステージでは厳しい。いろいろ足りない部分があるけれど、勝負強さや個人でも突破できる力を身につけていけるよう練習していくしかない。

梶川諒太−アシスト王 梶川諒太(関西学院大/MF・2年)
 アシスト王は素直に嬉しい。半分以上がセットプレイだし、中で飯田さん、(志田野)雄一朗さんが勝ってくれたので、そのおかげです。感謝で一杯です。練習が終わった後に、セットの練習を結構やっていたので、自信を持って蹴れた。前で使ってもらっていて、起点となるべきところでミスをしたら攻撃にならないので、どんな試合でもそこでミスをしないようにやっていきたい。インカレは4回生とやれる最後の大会になるので、楽しんで最高にいい試合をしたいです。

井林章−新人賞 井林 章(関西学院大/DF・1年)
 目標の一つだったので、新人賞が取れて嬉しい。自分のプレーは守備しかない。リーグ最小失点で来れたので、その守備の部分を見てくれたかなと思います。自分の理想が高いのかもしれないが、守備にとらわれずに攻撃ももっとしていけたら面白いなと思う。守備のイメージが強い関学だけど攻撃にいい選手が多いからもっと仕掛けていけるようになれればいい。まずはケガを治して身体をもっと大きくしていきたい。来年はCBで勝負したいので、生き残るためにも現状に満足せず、上を目指したい。

田中裕人−新人賞 田中裕人(関西大/MF・1年)
 試合には出ているけど、得点を取ったりしていないので取れると思っていなかった。守備面でのボールを奪うプレーが評価されてるなら嬉しい。大学サッカーは予想以上に激しくてタフだと思った。勝負かけた試合の中で自分も勝負強くなっているし、わからんところで成長していると思う。大学ではしんどいことをやるのも当たり前だというのも判った。助け合ってこその関大サッカーなので、裏方の仕事も自分らからやっている。まだゲームの中で先輩に遠慮している部分もある。ボールを持ったらチャンスに絡めるプレーをしていきたい。インカレでもボールを持ったら挑戦していきたいです。

岡崎建哉−新人賞 岡崎建哉(関西大/MF・1年)
 そんなに試合に出れていないので、新人賞のことは考えておらず驚いた。僕はドリブルももってないから、球離れを速く、チームを活性化させようということを心掛けてプレーした。まだ出来ているときと出来ないときの波があるので、それをなくしていきたい。大学は蹴るサッカーというイメージがあったが、関大も他のチームもつないでうまいチームが多い。球際もプレッシャーも激しいから、身体を強くして体力をつけて点が取れる選手になりたい。試合で学ぶことも多いので、インカレでは少しでも試合に出られるように頑張ります。

高田博元−ベストキャプテン賞 高田博元(関西学院大/DF・4年)
 こんな賞をいただけるとは思っていなくて嬉しい。もらえたのは優勝したからだし、みんなのおかげです。チームをまとめることが僕の最大の役目で、それが伝わって実現できたのは嬉しいこと。これからもやることは変わらず、チームをまとめて、元気一杯サッカーをやる。自分の役割を果たして、全国で自分らのサッカーができるように、頑張ります。

セレモニー後のびわこ成蹊スポーツ大−ベストマネージャー賞 内藤香菜子(びわこ成蹊スポーツ大・4年)
 去年、谷崎さん(昨年のびわこ大主務)が(ベストマネージャー賞を)取っていて、「今年ももらえるよう頑張れ」とは言われていたので嬉しいです。チームに迷惑をかけたことも一杯あったし、賞をもらえていい報告が谷崎さんにできます。2年連続でもらえたことは大学としても誇りになるので、これからも頑張って欲しい。
(写真は左から小池遼、石部元太、内野貴志、内藤香菜子)

西真田祥志−アウォーズ特別賞 西真田祥志(関西学院大・4年)
 まさかもらえるとは思っていなくて、びっくりしたし嬉しかった。やってきたことが報われた。みんなのために頑張ってきてよかった。主務をやり始めたときは自分のためだったけど、仕事が楽しくなってきて主務はチームも強く出来るし、大学サッカーを盛り上げることも出来る。気持ちも入ったし、今までで一番すごいことをしたいと頑張ってきた。今のサッカー部が好きなので、一日でもみんなと長くいたい。自分に出来ることは限られているが、みんなと同じ気持ちで、みんなよりも熱い気持ちを持ってチームのために頑張りたい。

笠井達裕−アウォーズ特別賞 笠井達裕(関西大・4年)
 僕なんかもらっていいのかなという気持ちです。関関戦も(西真田)祥志がやってくれたし、選手や佐藤OB会長やいろんな人が本気になってくれた。試合もガチだったし、関わってくれた人の本気があったから盛り上がった。初めての試みだったので逆に思い切ってやれたところもあった。これから先はほんまに勝ちたいチームが勝つ。僕は主務だけど、関大の主務には仕事以外のことも必要だと思う。他の主務にはない、僕にしかできんことを探して、日本一を取るために頑張ります。

*優秀選手賞のコメントはこちら


posted by yasuyo KANIE at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。