2009年12月22日

【09インカレ】1回戦/立命大−福岡大 監督コメント

第58回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦・立命館大−福岡大の監督コメントです。
−Voice 立命館大学・米田 隆監督
 あの1本だけにやられてしまった。相手も初戦の硬さがあったと思うし、えらそうなことは言えないが、うちの若いCB、DFが彼らのストロングポイントを消していたと思う。あの一発で試合が決まってしまった以外は思った通りの試合ができた。濱部なり松田なり、内藤も含めよくやってくれた。斎賀も長い時間はもたない状態だったが、思い通りのポイントでゲームをつくってくれた。試合としては、勝ちたかったが、リーグの時に比べいい内容だった。ただ、1本決めるか決めないかというところは相手の方に分があった。その一本を決められてゲームが決まるのが試合じゃないかなと。
 前半、もう少しサイドで時間をつくれたらよかったと思うが、後半になって落ちついた。相手の食い付き状況を見てパスをまわすことは準備してきたし、いいグラウンド状況で球が走ったのもあって、うちのいいところがいっぱい出た。
 (特にケアしたところは)永井を消しにかかって引き過ぎた状況になり過ぎないように、消し方を心得ておくこと。やり過ぎて見失わないようにだけ言っておいた。他にもボール扱える選手がいるので、(永井を)意識し過ぎず、ストロングポイントを持った選手が何人かいるチームに対して、ゲームの状況を見ながら対応することを気をつけたが、総合的に勝負に負けた。チームとしていい時間もこちらにあって、すべて福岡大という形にはならなかったかなと思う。
 若いDFだが、リーグでCBの渡部がケガの時に小関が出てきてポジションを取った。藤原は今日くらいの心の座り方を、もともと持っていてくれたと思っている。これから大学サッカーに触れて、どこにいっても中心になれる選手になってほしい。3年以下が、ここまでもってきてくれたので、それを感じて、これからは全国のトップを目指して腰すえていくきっかけができたと思う。
 キャプテンの福本、前野、加藤などリーグに出てた選手が合流する前に負けてしまったことが残念だが、彼らがいなくても何ができるかということは、リーグの時からのポイントだった。内藤もリーグは交代で出ていたが、彼には来年、中心に座ってやってもらわなきゃいけない。負けたが、いいものは見せて終われたのでよかったと思う。ハーフタイムのコミュニケーションも、今までになく活発で、そういうところがこの1年間に成長したところと考えると、下の回生も多いので次につながる部分は多い。

−Voice 福岡大学・乾 真寛監督
 昨日、練習がたるんでいたので、そのあとに気合いを入れたが、気合いを入れすぎたのか選手は硬くなっていた。勝ったこと以外は内容が乏しい試合だった。100点満点でいうと35〜40点の出来。結果を意識して臨んだが、相手の勢いに押される形になった。立命館は前半から飛ばしていたので、後半の立ち上がりに点を取ろうという意識でやっていた。後半は流れが変わったが、決定的なチャンスでシュートの精度を欠いた。また、対立命館ということでは、8番の選手(福本尚純選手)がキーマンということだったが腰痛で欠場したし、警戒していた左サイドバックの選手(前野貴徳選手)がインフルエンザで欠場して、相手のストロングポイントの1番、2番がいなかったということで、前半の出だしは選手に戸惑いもあって、立命館が出てくるのに差し込まれた感じになった。
 得点した高橋に関しては、スタートからという案もあったが、身体的な強さ、高さがあるので、攻めあぐねた時の打開策という考えがあった。値千金の一発を決めてくれた。また、高橋の起用については、立命館が終盤に3番の選手(玉林郷選手)を入れてパワープレーをしてくることは関西学生リーグの視察で分かっていたので、その対応をさせるという面もあった。
 永井はU−20日本代表の海外遠征から帰ってきてからチームと一緒に練習する時間があまりなかったし、体力面だけでなく精神面も疲労が残っている。今日の出来はよかったとはいえないが、A代表入りの話も出て注目されていることも含めて割り引いて見てあげないといけない。
 試合全体を通して、立命館には少なくとも3回の決定的なチャンスがあって、ウチのGKの河田(晃兵)も頑張ったが、他の選手も最後まであきらめずにカバーしていた。今年は苦しい試合でも勝ちにつなげる、結果を出すチームになってきていると思う。後半の最後のほうはもう2点目を取るというよりも逃げ切るという試合だったので、見に来てくれた方には面白くない試合だったとは思う。高橋の活躍もあるが、今日はチーム全員の勝利だと思う。今は1試合、1試合戦っていくことを考えている。

 <コメント取材協力(敬称略)>
  五味亜矢子(立命館大学)、赤沼圭子(福岡大学)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。