2009年12月22日

【09インカレ】1回戦/駒澤大−新福大 監督コメント

第58回全日本大学サッカー選手権大会 1回戦・駒澤大−新潟医療福祉大の監督コメントです。
−Voice 駒澤大学・秋田浩一監督
 リーグ戦からどんなに取られても2点に抑えてきている。CBの2人と酒井、GKの岡は安心して使っている。いい守備ラインになってきている。それなりに守備は出来てきているので、もっと前線でプレッシャーをかけて限定できればと思う。湯澤はスピードとドリブルがあり、調子も良かったので使った。もっといけるかと思っていたので、少し物足りないところもあった。三島はリスタートからヘディングで取った点はいい形だったが、他にもチャンスがあったので、大事なところで確実に取れる選手になって欲しい。取れるところで取れていないのが、リーグ戦の結果になっているので、それができていればもっと上位にいけたろう。
 久々のインカレだったし、まだチャンピオンになれるチームじゃない。1戦1戦を大事に戦っていく。次は前からリスタートを速く、両サイドを使って攻める。関学はテクニックもあり、守備がいい。走り負けないように、戦う気持ちを前面に出してやりたい。

−Voice 新潟医療福祉大学・秋山隆之監督
 点差もだけど、もっと離れてもおかしくないゲームだった。相手は勝てるから速く動くが、こちらは駒澤に着いていくので一生懸命で次の局面を予測できなかった。サッカーは攻守の切り替えの精度が問われる。駒澤は勝てると信じているし、クリアしても拾ってくれると信じていて、パワフルな駒澤のプレーが脈々とある。うちは4年生は昨年のインカレを経験しているのでイーブンにやれたが、1年生はパワー不足だった。北信越では通用していたが、全国では難しい。駒澤は出ていた以外の選手やマネージャーもしっかりとサッカーに取り組んでいる。関東の素晴らしいチームとやれて、勉強になった。本当にありがたい。ぶつからずに2−1を作るトレーニングをしてきたが、サッカーはそれだけじゃない。OB、OGが今日の試合で得たことを、練習の中で伝えていって欲しい。多様化しているスタイルの中で自分たちがどういうサッカーをしていくかを考えていって欲しい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。