2010年01月26日

【デンソーチャレンジ】大会への抱負:関西A−スタッフ

関西選抜Aのスタッフによるデンソーチャレンジカップへの抱負です。
島岡健太監督−島岡健太監督(関西大学)
 優勝を狙うとなれば、内容を伴ったゲームももちろんしていきたいが、優勝という結果を出すことで、選手たちには全日本大学選抜の可能性も広がる。インカレで優勝した関東や、総理大臣杯を取った九州よりも上の結果を残すことで、いろんな人が関西のサッカーを見てくれるきっかけが増えればいい。そのためにはリーグ戦の内容を濃くしなくてはいけないし、選手たちがこれは大事なことなんだ、やっていかないとだめだということを気付けることできなくてはいけない。去年よりも一層そういう思いを大事にしてやっていきたい。

朴成基コーチ−朴 成基コーチ(阪南大学)
 勝ちます。大学は日本のサッカーを引っ張っていく立場であり、その中でも選ばれているメンバーだということを自覚して戦ってくれればと思う。そのためのサポートをしたいし、ユニバや全日本で世界に羽ばたくために、大学選抜に入れるよう、自分の力を試してきっちり出していって欲しい。日本サッカーに貢献できる人材を少しでも多くこの中から送り込めるようにしていきたい。

松本純一トレーナー&青木翔トレーナー−松本純一トレーナー(亀井整形外科医院)
 大会までケガ人をなるべく少なくしていきたい。主役は選手たちなので、脇に徹して2連覇の力になれたらいいと思います。
(写真は左が関西B・青木翔トレーナー、右が関西A・松本純一トレーナー)

清田勝&吉田元紀−清田 勝(主務/関西大学)
 今年は1年かけて選抜をやってきたので、スタッフもセンスもスタートのレベルが高くやれてると思う。2連覇が目標だし、それでやってきたことも報われる。関西A・B助け合いつつ、頑張ってやっていきたい。
(写真左が主務・清田勝、右が副務・吉田元紀)

−吉田元紀(副務/大阪教育大学)
 関西Aが優勝できるよう、清田とともにサポートしていきたい。選抜の活動を円滑に進められるよう、試合以外の部分でもしっかりとやりたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。