2006年03月06日

【デンソーチャレンジ】関西A:監督・キャプテン大会終了時コメント

関西Aの監督・キャプテンのデンソーチャレンジカップ大会終了時のコメントです。
桂豊監督−桂  豊監督(甲南大学)
取れるところで取れていたら展開も違ったし、それが今回リズムに乗れなかった原因。前半でしっかりと自分たちのペースを作れてなかった。その悪い時間にあっさり失点し、そこで耐えて作り直さなければいけないのに、それができなかった。やっぱり甘いところがある。DFでもちゃんとやっているようで、ゴール前でルーズになっていた。僕の持って行き方にも原因があるが、持っているパフォーマンスは決勝に立てるだけの力があるのに、それを出せなかった。頑張ってやった結果だが、20分ハーフではこうなる要素があるが、それにはまってしまい、切り替えてやれなかった。

寄井憲−寄井 憲(キャプテン/阪南大学)
決めるところで決められず、守るべきところで集中して守れなかった。失点はイージーミスからです。ゴール前で逃げるとこは逃げるという、判断の遅れからだから、難しいけど、もっとコミュニケーションをとらなあかんかったかな。一応、キャプテンなんすけど、試合中、失点した場面で声出しとけばよかったけど、いい場面でも声が出ていなかった。桂先生も言っていたけど、チームワークはめっちゃよかったので、いいときはどんどん崩していけてたりしてたけど、悪いときにそれを改善する力がなかった。わかっていたヤツも、それを声に出していえなくて、悪い方向に行ってしまった。阪南では、幹部とかにはかかわってないんですけど、選抜でキャプテンやらしてもらって、ピッチの内外でのリーダーシップをもっと出していけばよかったということは感じました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。