2010年03月07日

【デンソーチャレンジ】関西選抜B 監督・選手:第1日コメント

関西選抜Bの監督・選手による、デンソーチャレンジカップ第1日のコメントです。
−廣田景一監督(関西B/神戸国際大学)
 1試合めは負けゲームだったのを、相手が崩れて追いつけた。選手たちの最後まで諦めない姿勢に感動しました。2試合めは今までで一番いい内容だったので、選手の成長が嬉しかった。勝つことにこだわれば残念な内容だったが、落ち込まずに誇りを持てと話をした。選抜としては一番チームのサッカーをしているのが関西Bだと思う。僕らの合言葉は「弱者は強者に迎合し、強者は強者に屈辱を覚える」なので、なにくそという気持ちで明日もチャレンジしたい。

関西Bです!−宮内 豪(関西Bキャプテン/桃山学院大学)
 選抜を経験しているメンバーが少ないので、自分も含めて経験しているヤツが声を出して気持ちをほぐす面で支えようと思っていた。ゴールはたまたまです。シュートを打とういう気持ちはあって、打ってこぼれたら誰かが拾ってくれればと考えていたので、まさか入るとは思っていなかった。硬さがある中で、初戦で勝ち点1を取れたことが良かった。2試合目は決めきれなかったのが勝負の難しさだったし、僕が退場して雰囲気を壊してしまったのが反省点です。明日は外からしっかりチームのサポートをしたいです。
(写真は左から、朴寛明、齋藤達也、荒堀謙次、西口大輔、前野貴徳、梶川諒太、藤原広太朗、熊取谷直毅、宮内豪)

楽しくやってます−前野貴徳(関西B/立命館大学)
 最初の試合は前半セカンドを拾えていなくてピンチを招いていたが、後半は意識して一人一人がセカンドにいけて奪えていた。それがいい攻撃になった。特にハーフタイムに話し合ったわけじゃなく、みんな優勝のために来ているし、勝ちたい気持ちが出たと思う。2試合めは内容は良かったけど、負けという事実を受け止めて、グループで少しでも上にいけるようにしたい。中四国はノっているが、そこに勝つことが評価が上がるので、チームがひとつになってやりたい。1、2回生のときは選抜で萎縮していたところがあって、自分の持ち味が出せていなかった。今年は自分のプレーをしつつ、中心として引っ張ろうという気持ちもある。残り2試合しっかりやりたい。
(写真は前列左から西口大輔、熊取谷直毅、宮内豪、後列左から梶川諒太、藤原広太朗、前野貴徳、荒堀謙次)

荒堀謙次&田中裕人&櫻内渚−荒堀謙次(関西B/同志社大学)
 去年も攻撃に絡んだ方が面白いと言われていて、今年はチームでもできるだけ絡もうとしている。選抜はレベルも高いし、前のポジションだと相手からのプレッシャーのかかり方も違う。ゴールに近いからより厳しいあたりが来るのを、技術や動きで僕が持っていなくてもチームが上手くいけるようにしたい。攻撃的なポジションはやりがいを感じるが、まだ出来としては2割くらい。どんなプレイを自分が出せるか、求められているかを考えていいプレイをしたいし、自分の良さを相手に消されたときに別のことが出来るかというのをもっと考えたい。試合の間で攻守ともに全てのボールに絡めるようなプレイをしていきたいです。
(写真は左から荒堀謙次、田中裕人、櫻内渚)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。