2010年03月10日

【デンソーチャレンジ】関西選抜B 監督・選手:最終日コメント

関西選抜Bの監督・選手による、デンソーチャレンジカップ最終日のコメントです。
−廣田景一監督(関西B/神戸国際大学)
 失点は相手の良さである速さ、でかさといった部分でやられてしまい、関西Aが素晴らしかった。今日は取って取られてという展開で、グラウンドもスリッピーだし、いろんなドラマがあった。そういう中で学生の姿勢が素晴らしかった。するべきことを淡々と行い、修正できた。結果を残すだけでなく、サッカーを通して人間の幅を広げて欲しい。この試合の中でも選手たちはまた成長したと思う。意地になってやらせたくなかったので、今日はウォーミングアップを関西Aと一緒にやった。AB戦だと「負けたくない」だけになりがちだけど、夢を持ってプレーさせたかった。ありたい姿を夢を持ってやろう。自分らのやりたいことはやっているので、そのためにサッカーをしようと話した。相手に縦に入れさせないこと、自分たちは縦の攻撃を連続させることをいきいきとやってくれた。選抜だからこそ、尽くせるヤツを集めたし、率先して面倒なことをすることで感動しあえる。短い期間でチームっぽくなってくれて嬉しい。

岩本知幸&齋藤達也&四ヶ浦寛康−岩本知幸(関西B/阪南大学)
 攻撃でいい形が出来ていた分、守備に隙が出来ていて、そこを突かれていたのが失点になったのかな。縦に行こうというチームとしての形が、速い展開の試合になったし、後ろで回さずに前にどんどん運んでいこうとしたことが4得点に繋がった。相手の3点めは自分の責任もあった。取り返したかったところでCKになったので、狙っていました。お互いにどういう選手か知っている分、対応しようと思っていたし、BがAを倒してやろうという気持ちもあった。劇的に勝てて、いい経験が出来て嬉しかった。
(写真は左から岩本知幸、齋藤達也、四ヶ浦寛康)

怪しい人が写っています−梶川諒太(関西B/関西学院大学)
 前半に決定機を外していたし、ミスも多かった。後半は思い切ってやったのがアシストに繋がったと思います。選抜では左右のサイドも入れ替わるし、後ろのメンバーも変わる。ミスをしたらそのつど、どうするかを話し合った。昨日も試合の後に、ボリ(荒堀)くんや(前野)タカくんが話をしないとと言っていて、みんなで話し合えたのが良かった。初日はFWとの関係もあまり良くなかったが、今日はウラに速い(齋藤)達也がパスにうまく反応してくれて、有効にやれた。選抜は配球も来るので、もっとチャンスを多くしてまだまだ成長しないといけない。最終日にはチャレンジしていく部分も出来ていたかなと思う。
 去年はチームでずっと出させてもらっていたけど、先輩たちに引っ張ってもらっていた。今年はもう3回生になるので、自分がもっと声も出して引っ張らないといけない。責任感を持ってやっていきたい。
(写真は前列左から熊取谷直毅、四ヶ浦寛康、後列左から梶川諒太、齋藤達也、岩本知幸、中嶋亮、棚橋雄介、細野元伸。後ろに移っている怪しい人は関西Aの朴成基コーチ)

阪南&桃山−棚橋雄介(関西B/阪南大学)
 結果としては良かったが、試合にあまり出られていないので、個人的には満足していないです。ボールを奪ってから縦に速くというのをずっと練習していて、関西AのDFはウラに弱いからそこを突いていこうと思っていた。ボールにも上手く絡めたし、得点も取れた。みんなでまとまってやろうという感じでうまくやれたと思う。
 ケガで全然試合に出られなくて去年は悔しかった。今年はまずはケガをしないこと。その上で試合に出て結果を出せるようにしたい。
(写真は左から岩本知幸、宮内豪、棚橋雄介、中嶋亮)

3位になりました!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。