2006年03月07日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西A−FW

関西選抜AのFWによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.春季リーグへ向けての抱負をお願いします!

櫻田真平−櫻田真平(関西大学・3年)
A1.コミュニケーションの重要性。
A2.フィジカル。技術。
A3.点を量産できるFWになります。得点王を目指す!



近藤岳登−近藤岳登(びわこ成蹊スポーツ大学・3年)
A1.絆。感謝。
A2.笑いだけでなく点もとる。笑いもとり点もとる人間になる。
A3.得点王をとることで桂さん、健太さん、内Pに恩返しをする。



阪本晃司−阪本晃司(関西大学・1年)
A1.ベンチが多かったので、試合に出れない人のくやしさがわかり、
試合に出たらみんなの分、頑張ろうという気持ちがより強くなった。
A2.チャンスをあたえられたら結果をのこせなかったとこ。
A3.優勝します。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。