2006年03月07日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西B−DF

関西選抜BのDFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.春季リーグへ向けての抱負をお願いします!

上田貴典−上田貴典(大阪学院大学・2年)
A1.他の選抜チームとやって、とくに関東はやっぱり速いし、強くて上手い選手がいて、関西とは少しちがっていたのでいい経験になった。また通用する部分がはっきりとわかることができよかった。
A2.フィードやとったあとのボールをパスにすること。ヘディングもパスにする。
A3.優勝!!

金子雄太−金子雄太(関西学院大学・2年)
A1.自分の特徴である一対一の強さはだせることができたと思う。全国のトップレベルの中でサッカーをすることによって、これまでにない大きな経験をできたことは間違いない。
A2.判断の速さや、パス1つの基本技術。
A3.デンソーでの経験を生かして、チームの優勝に貢献する。もちろん最小失点での優勝を目指す。

小野原明男−小野原明男(関西学院大学・2年)
A1.ハイプレッシャーの中でどのようなプレーをしたら良いのかを感じれたことが収穫でした。左足の精度は手ごたえを感じました。
A2.ミスをしてはいけない時間帯でのミスが目立ったことが課題です。
A3.リーグ最小失点での優勝を目指します。

深水章生−深水章生(立命館大学・2年)
A1.大学のトップレベルのプレーを感じれた。
A2.フィジカル。
A3.優勝


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。