2006年03月07日

【デンソーチャレンジ】大会を終えて:関西B−MF

関西選抜BのMFによるデンソーチャレンジカップ大会後のコメントです。
Q1.関西選抜を経験して、自分にとって一番収穫だったこと、手ごたえに感じたことはなんですか?
Q2.関西選抜を経験して、自分の課題と感じたのはどういう点ですか?
Q3.春季リーグへ向けての抱負をお願いします!

西野誠−西野 誠(立命館大学・3年)
A1.サイドバックでプレーして、普段とは違うプレーの難しさを経験したし、ボランチでのボール回し、サポートの仕方、セカンドボールをひろう、オフザボールのポジショニングなどが収穫でした。
A2.フィジカルの弱さ、ボールのもらい方、サポートの仕方がまだまだ課題だと感じたし、視野の狭さも課題です。
A3.デンソーでの経験をチームの仲間に少しでも多く伝え、チームがさらに向上し、自分自身の課題を克服し、さらなる進化をとげ、春季リーグ頑張ります。

麦田和志−麦田和志(大阪体育大学・3年)
A1.別にすごく差があるわけではなく、ちょっとしたことの差で勝敗がきまってしまうとこなど、大学のトップレベルの相手と試合をしたことで、感じるものがたくさんあった。
A2.ディフェンス。
A3.勝負にこだわり優勝。


小寺優輝−小寺優輝(阪南大学・1年)
A1.ドリブルで抜ける場面もあったけど、全部ドリブルでしかけてもダメなので、パスかドリブルを使いわける。
A2.球際の強さ。
A3.試合に出る。


馬場賢治−馬場賢治(近畿大学・2年)
A1.関東Aとのレベルの差。そんな手ごたえはない。
A2.全てのプレー。
A3.優勝する。



今井昌太−今井昌太(びわこ成蹊スポーツ大学・3年)
A1.全国のレベルを実際に体験した事。ドリブルは通用する。
A2.短い時間で結果を残す事。
A3.この経験をチームに伝え、今年は革命を起こす。内容でも勝負でも勝てるチームにし、優勝する。


滝口陽平−滝口陽平(同志社大学・2年)
A1.全国トップレベルの中でやることで、自分にとって何が足りないのか、どこまで通用するのかがわかりました。その中で、守備はある程度しっかりやることができた。
A2.ボールをたくさん受けてサバくこと。セカンドボールに対する反応。
A3.自分の満足できるプレーをし、チームに貢献したいです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。