2010年04月15日

【'10リーグ】第2節/大院大−桃山大 監督・選手コメント

2010年度 第88回関西学生サッカーリーグ 第2節・大阪学院大−桃山学院大の監督・選手コメントです。
−Voice 大阪学院大学・藤原義三監督
 完全な負け試合。失点をくらってDFラインが落ち着かず、ドタバタしていた。この面子なので、ドタバタするのは覚悟の上だったが、2試合で5失点はあかん。点を取っても2点めを取る力がないので、みすみす相手に勇気を与えてしまっている。後ろに行けば行くほどしょうもないミスが多く、両サイドが機能していなかった。ボールもおさまらないので、オーバーラップもかけられない。山根は競ってくれるので流れを変えるために入れた。一発で返されないよう、競ったルーズボールを狙おうという狙いではあった。このままでは厳しいので、次はメンバーを少し入れ替えることも考えていく。

高橋周也−Voice 大阪学院大学・高橋周也(MF・ゲームキャプテン)
 相手が徹底してウラに蹴ってきていたのに対応できておらず、崩されてしまった。失点するごとに雰囲気が悪くなってしまい、そこで修正できなかった。日頃から、もっと厳しくと言ってはいるがその厳しさが出ず、相手のほうが一歩速かった。試合に出ている人がチームの代表という自覚を持ってやっていきたい。次はもう負けられない。阪南が相手だが、技術よりも一人一人の気持ちで相手を上回るサッカーをしたい。

−Voice 桃山学院大学・松本直也監督
 今日は(中東)優治が90分やれたことが大きかった。細かくつなぐことはこのピッチでは厳しい。前にターゲットを置くことで戦いやすくなった。立ち上がりに失点してどうなるかと思っていたが、優治からリズムが作れたし、山瀬の右サイドからのクロスも増えたので、シンプルにやろうとトレーニングでやってきたことができていた。優治を計算できたことが大きかった。今年は立ち上げから4回生を中心にやってるので、今までよりも学生が主体性をもってサッカーに取り組めている。失点の形が良くないので、そこを直さないといけない。力が上のチームに対してはこのままでは勝てない。下の学年からもどんどんいい選手が出てこないと厳しくなるので、下級生の頑張りに期待したい。

岡田翔太郎&齋藤達也−Voice 桃山学院大学・岡田翔太郎(MF・主将)
 勝ったことも、得点できたことも嬉しい。立ち上がりに失点したが、早すぎたので逆に時間はあると思った。2失点めは人数がおるのにペナルティエリアの中で緩かった。もうちょっとそこを直していかないといけない。優治は競り負けないし、起点になれる。優治が入ったことで割り切ってやれたし、先週よりもいい感じでゲームを進められた。今日は相手もタテに来ていたし、コースに入っていくことをしっかりやれた。だけど、決定力をもっと上げないと厳しい。失点を0で抑えた試合が、練習試合からほとんどないので、守備もしっかりやらないといけない。次は関大だけど、去年も前期は勝っているので、今年もいい結果が出せるようにしたい。
(写真は左が頼れるキャプテン・岡田翔太郎、右がどんどん得点狙います・齋藤達也)


posted by yasuyo KANIE at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。