2010年05月03日

【'10リーグ】第5節/関学大−びわこ 監督・選手コメント

2010年度 第88回関西学生サッカーリーグ 第5節・関西学院大−びわこ成蹊スポーツ大の監督・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎監督
 前節に続き、最後が良くなかった。去年のメンバーは、真ん中のラインに経験を積んだ4回生が多かったので、終わらせ方や苦しいときのやりくりの仕方を心得ていた。でもその去年の4回生も下級生の時には苦しい経験をしつつ、頼れる存在になっていったので、今はこのメンバーが経験を積んでいる状態で、この経験を生かしていけるのを信じて、次節の準備をしたい。高橋はこないだのサテライトでそつなくCBをこなしたので、信頼して使いました。本来とは違うポジションで、切らさずにほぼミスなくやりとおしてくれた。途中で入った浦島、中村も停滞気味のチームを動かしていたし、スタメン以外の選手もしっかり準備して収穫を見せてくれたことが明るい材料です。

高橋宏次郎&山下翔−Voice 関西学院大学・高橋宏次郎(DF)
 慣れないポジションだったが、カバーと1対1の対応を意識してそこは結構やれたと思う。マークの受け渡しをはっきりさせて、クロスに対してファーの声を出して、周りに対して気を配れば落ち着いてできるかなとは考えていた。自分のプレーの幅は広がったかな。普段、SBでラインのことは意識しているので、どう統率するかを考えてやったら、サテライトでは意外にできた。でも今日は最後、相手が前がかりなのに、クロスに枚数が足りておらず、ボランチかFWを下げさせていたら、失点は防げたと思う。僕自身もボールウォッチャーになっていたので、もっと意識していきたい。試合に出られたらポジションにこだわりはないし、複数のポジションをこなせることで、チームに貢献できたらいいと思います。
(写真は左がCBでチームを統率・高橋宏次郎、チームを支える副務・山下翔)

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・望月 聡監督
 前半はこれまでの試合の中で一番良かった。そこで取りきれないのが今のうちの力で、攻めているのにフィニッシュに行けていない。大産戦も今日もいいリズムでやっていたのに取られて、そこで負ける流れをひっくり返したり追いついたのはしたたかさが出てきたかな。諦めない真面目さはうちの選手は持っているので、取られても追いつけるというのは自信になるし、失点しても気落ちせずにやれる。今日はここまでできるというのを垣間見せてくれたから、もっと精度を高めることをお互いに考えてやれればと思う。今日、勝ち点0を1にできたことは大きいし、次につながる。

山本泰平−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・山本泰平(DF)
 最後、時間がなかったのでとにかくゴール前に走ろうと思っていた。ちょうどボールがきたので、夢中でとにかく何も考えずにトラップしてシュートしました。入ったのを見て、決めたんやなと思いました。負ける内容じゃなかったのに失点してしまい、追いつけるという自信はあったので、全員が諦めずにやれたのが結果になった。後半は疲れていたので簡単にボールを失うシーンが多くなっていたので、もっとGKと後ろのラインで声を出して、集中することが大切だと思います。ここまで毎試合失点しているので、シュートコースに飛び込んで、相手に打たせないように全員が守る気持ちがもっと必要なので、次は頑張って失点しないようにしたい。
posted by yasuyo KANIE at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148563557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。