2010年05月07日

【'10リーグ】第7節/関学大−同志社 監督・選手コメント

2010年度 第88回関西学生サッカーリーグ 第7節・関西学院大−同志社大の監督・選手コメントです。
−Voice 関西学院大学・成山一郎監督
 プレス、試合の入り方、球際の強さ、粘り、最後まで諦めずに戦うといった去年は出来ていたことがやれておらず、一人一人が甘かった。4回生の思いが全員に伝わっていないのが判ったのが、負けたことで明確になったという点は良かったです。こないだも今日も、声掛け合ってやろうと言っていたが、そういう言葉だけでだませる問題じゃない。日頃の練習、生活態度という部分で少しずつ何かが欠けていた。日々の行動を一から見直してやっていく。連戦で疲れはあったろうが、疲れた時こそ本領を発揮するのが関学の良さなのでそこをしっかり思い出させます。

梶川諒太&松本圭介−Voice 関西学院大学・松本圭介(FW)
 (交代で入る時)苦しい時間帯なのはわかっていたので、一人一人に声をかけて顔を上げさせて、今までやってきたことをやらすことを意識した。言われても焦っているのでああいう状況で流れを変えるのは難しいが、落ちつけて声を出していつもやってることをやろうと話した。頑張ってはいるがみんなちょっとずつ足りてない。最後の一歩の部分が出ていなかった。3回生が中心のチームだけど応えてくれるし、自信を持ってやれるだけの力はみんな持っていると思う。それを最初からやらせられなかったのは4回生の責任なので、もっと普段から意識して取り組んでいく。やろうという気持ちをどれだけ突き詰めてやれるかが僕らの仕事なので、先頭に立ってやっていきます。
(写真は左が3回生もしっかり頑張ります・梶川諒太、右が4回生としてチームをひっぱる・松本圭介)

荒堀謙次&角島康介&早坂賢太−Voice 同志社大学・角島康介(FW・主将)
 辻が競り合いに強いので、すらしたら狙おうと思っていた。2点めは理想の形で取れた。ワンタッチゴールが多かったし、ゴール前では打たないと入らないので、意識して狙っていった。辻や市川はボールが収まるという良さがあるので、僕もそういうところをもっとやれるようにしていきたい。楔になって取られるシーンがあったので、周りも味方もよく見てしっかりと前で収められるようにしていきたいし、スピードも高さもない分、駆け引きの部分を磨きたい。関西国際との試合でも得点した後、こちらがワンタッチもできずに失点しているのに、今日も同じような取られ方をしていて反省しきれていない。それは関西で1位を目指すチームがやることじゃない。これまで7試合、失点0で抑えた試合がないし、これから先得失点差が関わってくるので、どう改善するかが課題です。取られているのはDFだけの問題ではないので、全員で突き詰めていきたい。
(写真は左から輝く髪の荒堀謙次、今日一番輝いていたプレイヤー・角島康介、次節は僕が輝きます・早坂賢太)
posted by yasuyo KANIE at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。