2010年05月08日

【'10リーグ】第7節/阪南大−びわこ 監督コメント

2010年度 第88回関西学生サッカーリーグ 第7節・阪南大−びわこ成蹊スポーツ大の監督コメントです。
−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 今日だけではないが、相手のコンディションが良くないのに助けられて、前半はその差が出ていた。攻められてはいなかったが、こちらも活性化できなかった。後半はスタミナを失ってきていたが、4−0で終わらないといけないゲームだった。失点は戻った瞬間にマークを外されるという一番やってはいけないことからだった。DFが雑だし、関西国際戦でも後半20分を過ぎたころから甘いDFをしていた。へばった時にどうしっかりやるかが真価が問われるところで、そこでヘボのままちぐはぐになるからやられてしまう。人数が足りてないのに穴を開けてやられている。基準にないことをやりだしていてはだめだ。

−Voice びわこ成蹊スポーツ大学・望月 聡監督
 点差といい、シュート数といいいいところなしだった。負けたことは悔しいが、阪南の狙いが素晴らしかった。ゴールへ行く、前を向く部分は学ぶべきところだし、FWがウラに走って2列めが追い越すという動きを徹底してやっている。これを自分たちが次に生かさなくてはという敗戦だった。後半、得点した後、集中して継続するには技術が必要で、そこでミスをしてしまうと前に進めない。それはうちには足りない部分で、その差が出てこの結果になった。取ってつなぐことを高めていきたい。選手たちが考えてやることが大事だが、姿勢をはっきりとさせた方がいいところもある。彼らの様子を見ながら、その能力を出せるようにしていきたい。
posted by yasuyo KANIE at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010関西学生サッカーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。