2010年05月25日

【'10関西選手権】1回戦/大体大−阪南大 監督・選手コメント

第39回 関西学生サッカー選手権大会 1回戦・大阪体育大−阪南大の監督・選手コメントです。
−Voice 大阪体育大学・坂本康博総監督
 阪南がつないで攻めるところで、蹴ってくれていたので、単純なボールが多かった。後半、こちらがへばっているところにドリブルで来られたら厳しかったけど、そこでパスしてくれた。2部ではなかなか厳しい試合がないので、プレッシャーとプラスアルファの負荷をかけてトレーニングをしているが、今日これだけできるというのが判ったので、さらに負荷をかけてやれる。ここまで積み重ねてきたDFのトレーニングを試合の中で出せるようになった。菅原が肘を脱臼してしまい、今日は中盤の選手を下げて臨んだが、しっかりやってくれた。1部を倒さないと上には行けないが、教育実習も始まるし、厳しい状況ではあるが力を出せるようにしていきたい。

松本智広&馬場将大−Voice 大阪体育大学・松本智広(GK)
 きつかったけどベストを出せて良かった。失点はしたけどトーナメントなんで結果として勝てたので、良しとします。攻められている時間が長かったし、阪南はシュートが上手く枠をとらえてきていたので、集中を切らさずに声をかけてやろうというのができた。今日みたいな集中力で常にやれたらいい。まだDFラインでムダにボールを持っていることがあったので、もっとセイフティにする部分はセイフティにやることを徹底したい。自分個人としては、CKでかぶったりすることがある。そこを直して集中して声を掛け合ってやっていきたい。今年は2部なので、高いレベルでやれるこの大会は目標だったし、大事に戦っていきたいです。
(写真は左が松本智広、右が馬場将大)

−Voice 阪南大学・須佐徹太郎監督
 失点した直後が良くなかった。ミスを繰り返してしまっていた。今週はセカンドチームの方が良かったくらいで気合いが足りてない。ミスから相手のペースになっていたし、たたみかけないといけないところでたたみかけることができなかった。一個一個の何でもないイージーミスがどうなるのかをもっと考えないといけない。直接FKを相手に渡してしまい、攻勢に出るべきところでミスをしてしまった。4回生が情けなかった。ミスというよりも基本的なことをやっていない。まだしっかりしているわけではないし、敗戦はいずれは起こることではあったが、1部全勝チームがここで負けるというのはとんでもないことだ。この負けはめちゃくちゃ影響がデカい。相当覚悟してこの先取り組まないといけない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151007179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。