2010年06月01日

【'10関西選手権】準決勝/同志社−近畿大 監督コメント

第39回 関西学生サッカー選手権大会 準決勝・同志社大−近畿大の監督コメントです。
−Voice 同志社大学・望月慎之監督
 昨年は準決勝で大阪学院にこてんぱんにやられたが、今年は準決勝で総理大臣杯を決められた。昨年を越えられたことに選手たちの成長を感じる。近大の徹底したサッカーに、前半も後半も終盤に押し込まれて受けに回ってしまった。ゲームの流れは作れてきているので、90分の進め方を考えなくてはいけない。今年はここまで公式戦で失点0に抑えた試合は(関西選手権1回戦の)関西国際大戦のみ。今日はゴール前で身体をはれたが、一瞬止まってしまうときがある。長いボールを飛ばされたときに、2列目の選手にいかに対応するかが課題なので、守備の安定を総理大臣杯までに図っていきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。