2010年07月08日

【'10総理大臣杯】2回戦/仙台大−慶應義塾大 スタッフ・選手コメント

第34回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 2回戦・仙台大−慶應義塾大のスタッフ・選手コメントです。
−Voice 仙台大学・瀬川 誠コーチ
 前半は主導権を握れていたと思うので、自分たちがボールを持っているところを食いつかせて、空いているスペースにどんどんボールを入れていこうといっていた。ウチはボールを握れるチームに成長してきたと思うのだが、1回戦ではそれがうまく出せず悔しい思いもした。しかし今日は自信を持ってやれた。先制はされたが、試合内容的にまったく心配していなかった。それが今のウチの強み。たとえば2−0になっても同じことだったと思う。
 慶應はボールで動かすというよりは、ドリブルで動く時間を作ってくるので、逆に相手にはドリブルさせろ、と。ドリブルさせている間につかまえれば、時間をかけてマークできるから大丈夫だと思っていた。ただ終盤、数的優位になったときの戦い方が未熟だった。あとは、ボールに対してもう少しファーストディフェンスにいかないと、いいボールを蹴られてしまう。そこは、次戦に向けての課題。
 準決勝でも、自分たちが主導権を握るためにボールポゼションをやりながら戦うというやり方は変えない。あとはチャレンジャー精神をもって戦いたい。

奥埜博亮−Voice 仙台大学・奥埜博亮(FW)
 慶應に先制されたが、チームがやることは変えないでいこうって言っていた。慶應はパスを回すのがうまいが、自分たちも落ち着いて組織で守ればいけると思っていたので、落ち着いてプレーしていたが、やっぱり前半のうちに追いつけたのが大きかったと思う。今日は(1回戦でハットトリックしたため)マークが厳しいのはわかっていたが、その分まわりにスペースが空くし、やっぱりマークが厳しい中でも自分の持ち味は出せないといけないと思っていたので。(2点目のアシストでは)ずっとセンターバックにヘディングで負けていたから、ヘディングじゃ勝てないと思って体を入れてトラップした。それが、いい形で点につながってうれしい。
 準々決勝の相手はどちらが来ても楽しみだが、駒大のほうは(自分と同じ)ベガルタ仙台ユースの先輩(亀井秀将)がいるので、対戦できたらいいと思う。

三上佳貴−Voice 慶應義塾大学・三上佳貴(DF・主将)
 チャンスをモノにできなかったあとに、うまく気持ちを切り替えられなかったのが敗因。後ろも耐えることができなかったし、前も決めきることができない。ハーフタイムには、いつも自分たちがいつもやってきたことをやれば、何も問題ないと監督に言われ、自分たちもそのつもりだったが、それをプレーで表現することができなかった。気持ちの部分の弱さが結果に出たと思う。失点も単純に自分たちのミスから。自滅ですね。

 <コメント取材・写真協力(敬称略)>
  飯嶋玲子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155811429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。