2010年07月27日

【'10天皇杯兵庫県予選】2回戦/関学クラブ−関国大 監督・選手コメント

2010年度 第13回兵庫県サッカー選手権 2回戦・関学クラブ−関西国際大の監督・選手コメントです。
−Voice 関西国際大学・草木克洋監督
 決定力に尽きる。前期最終節の甲南戦もこういう状態で、支配して攻めてはいたがゴールを割れなかった。本当にゴールを奪いたいのか、泥臭いことができていない。相手陣内でFKも取れず、身体を張るところで張っていない。戦えないことが一番の悩みどころだ。ピッチに立ったら何をすべきかというのが伝わってこない。自分たちが三流だということに気づいてないので、相手にサッカーをさせてもらえてない。己の技量を認識し、選手が自分らのやることを貫こうとしてくれたらいいのだが。後期は少しやり方を変えていくかもしれない。

−Voice 関西国際大学・原口大佑(MF・ゲームキャプテン)
 落ち着いて回すところは回して、早いタイミングで相手がブロックを作る前にウラに抜けてゴールに行こうと考えていたが、後ろで回しすぎている間に向こうにブロックを作られて崩せなかった。早く攻撃できたらよかったけど、前で出すところがなくなっていた。回すのはいいが、早い攻撃と使い分けないといけない。相手の守備の仕方を見て、早い判断ができれば使い分けられたし、守備が連動しておらずバラバラだった。自分らのペースでやれてる時間はいいが、やられたときにそこからやり直せるようにしていったら、チームとしてもっといいほうに向かえると思う。前期、1部リーグで戦って、できるところはできていたが、トータルで見たら相手の方が上と感じた。チームが早く仕掛けられるように、切り替えを使い分けられるようにというのを自分から中心になってやらないといけない。

Data:
関学クラブ 1−0(前半1−0) 関西国際大
得点:【関学ク】新保和也

Member:
【関学クラブ】
GK:原田和明
DF:岡田拓郎、飯田洋介、前田大輔(→三原 淳)、金子雄太
MF:南 智幸(→金尾和泰)、千葉淳平、新保和也、佐伯雄亮(→持田和明)、藤岡伸和(→青戸謙典)
FW:北野雄志(→木村哲也)
【関西国際大】
GK:木島 惇
DF:小西和樹、本田拓也、西田 翼、向 意樹
MF:原口大佑、洞ヶ瀬太一、友利貴一(→野村惇貴)、梶本有三(→表隆太郎)、蔵田岬平
FW:中川宏太郎(→比嘉孝広→稲垣雄大)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157646577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。